店長オカダ
ここからは、エムズジャムウマーケット(@jamumarket)店長のオカダが解説します。

喫煙について、中高年の男性の多くはこう思っていませんか?

タバコを止めたいが止められない・・・

仕事や日常生活のストレスなど、喫煙することによって晴らしている方も多いのではないでしょうか?

ところが、喫煙による生活習慣病の発生率は非常に高くなっているのも事実で、心臓疾患や血管疾患は喫煙が原因となって発症することが多いと言われています。

また、中高年になってくると勃起不全(ED)の悩みが増えてきますが、生活習慣病が原因となっている事が多いですよね。

喫煙する事で生活習慣病を招き、勃起不全にまで影響してしまうのであれば、禁煙を視野に入れていくのもいいかもしれません!

 

cigarette

 

タバコに含まれる、体に害のある成分が取り込まれると、癌、心臓病、脳血管障害などなど重大な病気を招いてしまいます。

<タバコの3大有害物質>

ニコチン
ニコチン依存症を引き起こす原因物質とされている。
中枢神経のドパミン神経系、特に脳内報酬系を活性化する。
摂取後に一時的に快の感覚や覚醒作用を得られる。
ニコチンは肺から速やかに吸収され全身に広がり、間接的には血管収縮作用ももたらします。
極めて強い精神依存性を持つ為、ヘロインやコカインよりも依存性が強いと考えられている。

依存薬物 依存
タバコ 32%
ヘロイン 23%
コカイン 17%
アルコール 15%
抗不安剤(鎮痛剤や睡眠剤を含む) 9%
大麻 9%

 ニコチンに関しては、メリット、デメリットがありますが、依存度や血管収縮などを考えると、体に悪影響を与える方が大きいのではないでしょうか?

タール
タールに含まれる発ガン物質として、ベンツピレンやアミン類など数十種類の発ガン物質が含まれています。

タバコの葉に含まれている有機物質が熱分解され、約4000とも言われる化学物質の結合体であるタールが作られます。

一酸化炭素
喫煙によって、体内に一酸化炭素が取り込まれると体が酸欠状態となり、循環器に大きな負担が掛かります。
一酸化炭素は実は猛毒で、体内に入ると血液の酸素運搬能力が低下するとされています。
タバコの燃焼時に多くの一酸化炭素が生成され、様々な健康被害を引き起こす原因の一つとなっています。

上記の3大有害物質が原因となって生活習慣病を引き起こし、男性機能障害の悩みの一つでもある ”勃起不全” の原因にもなってしまいます。

ストレス発散の効果を期待して喫煙していた事が、逆に血管障害や生活習慣病の原因ともなってしまいますので、勃起不全に悩んでいる方は禁煙にトライしてみてください!

 

喫煙についてはこちらも>>喫煙と勃起不全

 

—–>8— チョキチョキ —>8—

今月のクーポン番号のお知らせいたします。

ぜひぜひご活用下さ~い!

エムズジャムウマーケット限定『5%引き』クーポン

今月の番号は・・・4146

 

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を5%引きとさせていただきます。

割引クーポンの使い方はこちら

–>8— チョキチョキ —>8—