インドネシア ジャムウを売る光景

インドネシアのジャムウってなに?

ジャムウとは ・ ・ ・
古来から庶民の間で受け継がれてきた、民間伝承薬のことを言います。

ジャムウという言葉の意味は、インドネシアに古くから伝わるもので、「 お客様をもてなす 」「 植物等から作られた生薬 」なんて意味なんだそうです。

そんな製法を見習いながら、インドネシアでは、男性用精力剤のジャムウサプリとしても作られているのです。
もちろん生薬を使っていますので、安心・安全な商品となっています。

ジャムウと一言でいっても、いろいろな使われ方をしているのですね?

原材料は ・ ・ ・ 『 植物の実 ・ 葉 ・ 根 ・ など天然ハーブが中心 』

昔から人が慣れ親しんだ物が素材になってますので、安心してお使い頂けるかと思います。

そこで、精力剤ジャムウの使用感を一言で言うと ・ ・ ・ 『 強く ・ 優しく ・ 全体に 』といった感じでしょうか?

つまり?

「 グッと来るのにガツンッと来ない 」

「 しかも体も何だか良い感じ 」

っといったところが、最大のJAMUの特徴です!

そんなアイテムをエムズでは、インドネシアバリ島から直送通販でお届けしています。

ジャムウの起源について

ジャムウ インドネシアの歴史はとても古いとされていて、千年以上もむかしインドからヒンドゥー教がインドネシアに伝来した時が起源とされています。

この時一緒に伝えられたインドの予防医学『 アーユルベーダ 』

その一部であったハーブ調合法を元に、インドネシアで手に入る植物などの原料を使い、改良され発展してきました。

ヒンドゥー教の神様その調合法を元に、目的や用途によって数百種類のジャムウ・レシピが生まれてきた長い歴史があります。

しかし、その材料や調合法の多くは、バリアンと呼ばれる伝統医が親から子、子から孫にと一子相伝に近い形で伝えられてきています。

ジャムウのレシピはまだまだ部外秘の部分が多く、いまだに『 不思議なハーブ 』と言われているくらいです。

現代では、ジャワやバリなどインドネシア各地に広がり、ジャムウ・ゲンドンと呼ばれる手作りのジャムウを売りながら生計を立てているおばさんがいます。

または、大きな製薬会社などにより大量生産され、より身近なものとなっているジャムウもあります。
今現在は、健康増進、病気予防、治療薬、強精剤として、大変ポピュラーなものになってきているのです。

長い歴史のなかで育まれきた知恵、自然の素材( ハーブ )を使って体本来の力を引き出すジャムウは、インドネシアだけではなく、多くの国・地域からも注目されているのです。

※ジャムウについての参考論文(PDF外部ファイル)
数種のインドネシア天然薬物生物活性成分の化学的研究

もっと知りたいジャムウのお話

本場インドネシアのジャムウ体験レポ~屋台編
街で見つけたすごいジャムウを紹介します
ジャムウってどこで売っているの?
ジャムウと医薬品の違い
ジャムウの副作用と危険性

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック