ビタミンEで勃起不全対策ってどういう事?

ビタミンEで勃起不全対策

ビタミンEは、植物油や豆類、魚卵類に多く含まれる脂溶性ビタミンの一種。

抗酸化作用があることで知られていますが、男性のお悩みの一つである勃起不全の改善に役立ちそうなのでご紹介します。

ご承知の通り、ビタミンにはA,B、Cなど多くの種類がありますが、そのなかでもビタミンEには血流促進やホルモンバランスの調整など、自律神経などに働きかける作用があることから、勃起不全に役立つと考えられています。

またビタミンEは、別名トコフェロールとも呼ばれ、これはギリシャ語で“子どもを産ませる”という意味です。

このことから昔からビタミンEは生殖機能に関係している事が知られていたのですね。

ビタミンEは、不足すると不妊症になる物質とも言われるくらい、生殖機能には無くてはならない栄養素なのです。

このビタミンEについてですが、多く含まれる食品として、ひまわり油、コーン油、オリーブオイルなどの植物油、アーモンド、落花生、大豆などの豆類、キャビア、いくらといった魚卵類、青魚などに多く含まれていますので、これら食物をとり事によりビタミンEの摂取ができます。

また、食品からの摂取で足りないようであれば、現代はドラックストアーやコンビニなどで簡単に入手できるサプリメントなどで補給するのもいいと思います。

勃起不全にいい!ビタミンEの抗酸化作用

勃起不全にいい!ビタミンEの抗酸化作用とは?

ビタミンEには、生体内で抗酸化作用があるとされています。

体内で酸素を利用すると、活性酸素(フリーラジカル)が発生し、この活性酸素が生体を酸化させてしまう事が、多くの病の原因になっているのです。

そこで、ビタミンEの持つ抗酸化作用によって、活性酸素の発生を抑え健康な身体に保ってくれます。

また、ビタミンCがビタミンEの抗酸化作用をより高める働きを持っているとも言われています。

ですので、ビタミンEを摂取するとき、同時にビタミンCも摂取するとよりいいでしょう。

勃起不全の治療法でも抗酸化療法があるなど、抗酸化の作用は生殖機能改善に期待できる方法の一つなのです。

勃起不全の原因ともなる血流に関係するビタミン

勃起不全の原因ともなる血流に関係するビタミン?

以下に紹介するビタミンは血流の改善に効果があるといわれています。

ビタミンE
血餅の予防、溶解作用、抗酸化作用、血行をスムーズに保つ効果
ビタミンC
血液中コレステロールの代謝促進、抗疲労作用、鉄の吸収、血液をサラサラにする効果
パントテン酸
善玉コレステロールの増加作用、コレステロール値適正化、コレステロール回収作用
※動脈硬化や心筋梗塞などを予防する効果
ビタミンP(ビタミン様物質)
毛細血管の強化、血中コレステロール値の改善効果、血流改善効果、抗アレルギー作用、発ガン抑制作用
ビタミンB12
造血作用、免疫機能正常化、脳血管や脳神経の再生・修復、血流改善効果、神経伝達物質作成作用
※毛細血管の血管壁を強化し、毛細血管の損傷を防ぐ効果

ビタミンEの効果で生活習慣病と血流改善

ビタミンEの効果で生活習慣病と血流改善?

ビタミンEの抗酸化作用によって、生活習慣病の予防効果があります。

生活習慣病によって動脈硬化がおきた血管の内壁は、コレステロールが異常に沈着していたり、酸化によって細胞膜が損傷し、血管の弾力が無くなる事によって起こります。

血流が悪化する動脈硬化は、勃起不全にとってとても厄介な症状といえますので、ビタミンEの抗酸化作用で、血管の損傷、血流の悪化を阻止する事で血流改善に期待ができます。

また、ビタミンEの効果で脳内の血流も良くなる為、自律神経の中枢でもある視床下部の働きを活発化させ、生殖機能の維持や改善に働きかけます。

ビタミンEは、勃起不全の悩みのある男性には期待できるビタミンだと思います。

この記事が参考になりましたら幸いです。

さらに!この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

ED・勃起不全対策のためにジャムウの他にできること
レスベラトロールで抗老化遺伝子・サーチュイン遺伝子を活性化

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック