ネギ科の野菜でED・勃起不全を改善する食事について解説しています。

ネギ科野菜には勃起不全の血流改善効果があります!

ED・勃起不全の改善策の一つに、食べ物による改善があります。

特定の食材に含まれる物質により、ストレスが軽減されたり、悪玉コレステロールが分解されたりと、いろいろな効果がありますが、今回は血液の流れを整えるアリシンが多く含まれるネギ科の野菜についてご紹介をしていきます。

ネギ科野菜と言いますと思い浮かべるのが、タマネギ、長ネギ、にんにくが一般的ですが、他にもエシャロット、エシャレットといった野菜もネギ科野菜になります。

今回は、ネギ科野菜がもたらす、男性に対しての効果について解説しています。

勃起不全には食事で摂れるアリシン効果が欠かせない?

タマネギ、長ネギ、にんにくは香味野菜として料理には欠かせない食材となっており、珍しい食材ではありませんね?

タマネギなどは、よくメディアなどで血液をサラサラにする食材として、紹介されています。

これらのネギ科野菜に多く含まれるのがアリシンという物質で、体内の血液の流れを改善する効果があります。

ただ一つ注意したいのが、多くのアリシンを摂れるようにする調理法です。

このアリシンは、玉ねぎやニンニク、ネギ科野菜を切るなどするときに傷つけることで発生します。
また、水に長く浸け過ぎると成分が流れ出て、せっかくのアリシンが摂れなくなくなってしまいます。

調理法にも気を使って、なるべく食事で摂れるようにしましょう。

参考PDF:薬味の効用について

ではではここからは、この血流の改善効果が、ED・勃起不全の改善にどのように役に立つか考えていきます。

アリシンには血流改善・スタミナアップの効果があります

にんにくはスタミナを付ける食材として多く利用されていますが、特ににんにくにアリシンが多く含まれています。

アリシンとは
にんにくやタマネギの臭いや辛味の成分の元となる物質で、体内でビタミンB1と結合してアリチアミンとなります。
疲労回復、新陳代謝の活性、血栓の予防、風邪の予防・改善、血中脂肪の燃焼促進、コレステロール値の抑制、がんの予防、抗菌、抗カビ作用などの幅広い作用が報告されています。

この香気成分や辛味成分のアリシンが、強力な血管拡張作用を発揮してくれます。

血流が改善され、勃起に必要な血液を十分に送ってあげられる事が出来、結果ED・勃起不全の改善に役に立つのです。

ED・勃起不全の改善には血液をサラサラにする事が大事です

普段の生活で、栄養バランスの偏った食生活を送っていると、血液中に脂肪分が増えてしまい、ドロドロ血液になってしまいます。

そうなると、血流が悪くなり陰茎海綿体に流れ込む血液量も減り、ED・勃起不全となっていきます。

そこで、ネギ科野菜に多く含まれるアリシンによって血液をサラサラにし、血流を改善することが出来るのです。

アリシンが含まれるイオウ化合物は、血液がドロドロになるのを防いで血液がスムーズに流れるようにしてくれる成分です。

このイオウ化合物は、サラサラ効果はもちろんですが、血流を良くするので血栓も作られにくいとの事です。

ネギ科野菜を普段の食生活に、積極的に取り入れてみた方が、健康には勿論ですが、EDにも良さそうな気がしますね。

しかも、タマネギの辛み成分でもあるアリシンの働きには、テストステロンの生成も促す効果もあるそうです。

血流の改善とテストステロンの増加という二重の効果で、ED・勃起不全の改善に役立ってくれるのがネギ科野菜と言うわけなのです。

この記事が参考になりましたら幸いです。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

ED・勃起不全対策のためにジャムウの他にできること
ED・勃起不全を解消する食事とは?
EDにオススメな方法!炭酸水が起こす意外な効果って?
ED・勃起不全を改善する運動とは?

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック