スーパージャンタンに含まれている5つの成分を説明します

スーパージャンタンに含まれている4つ成分とは?

人気が急上昇中の精力剤ジャムウ・スーパージャンタン。
最近パッケージも新しくなり、効果も以前より効き目が強くなったような気がしています。

インドネシアの漢方薬ジャムウは、ハーブや木の根など自然の材料(生薬)を基にしたサプリメントですから副作用も少なく、体にやさしいのです。

それでも、どんなものが含まれているのかは、気になるポイントですよね?

そこで、このページでは、スーパージャンタンの成分について解説します。

ただし、インドネシアの法律で、すべての成分は公表しなくてよいことになっていますので、100%ではありませんが、メーカーが発表している成分表に基づいてお知らせいたします。

ユーリコマの根(Eurycoma Iongifola Radiz)

ユーリコマとは、マレー半島やボルネオ、インドネシアなど東南アジアの密林地帯に自生しているニガキ科の植物で、成長すると10m程度の高さになるそうです。

学術名は「ユーリコマ・ロンギフォリア」といい、日本では「ナガエカサ」とも言われています。

このユーリコマは、マレーシアでは「トンカットアリ(アリさんの杖)」と、呼ばれており古くから滋養強壮、精力増強の秘薬として使われているそうです。

なんでも、マレーシアでは滋養強壮薬としてだけではなく、発熱やマラリア治療にも用いられ、マレー大学を始めとした医療機関が、このパワーの秘密を探るため分析、研究されているそうです。

今では男性用栄養ドリンクとして、コンビニなどで売られるほどポピュラーなハーブとなったユーリコマですが、昔は「オランアスリ」と呼ばれる森の中で暮らす一部の人々しか知らない、秘密のハーブだったそうです。

オランアスリの人々は、このユーリコマの根を細かくすり潰し煎じて飲むことによって、熱帯雨林のジャングルという過酷な条件の中でたくましく生活していたんでしょう。

まだ、はっきりとした効用や成分がわかっていないユーリコマですが、スーパージャンタンは、昔からマレーシアを始めとした東南アジアで滋養強壮、精力向上の妙薬として使われているユーリコマの根を配合しています。

ヨヒンベの樹皮(Yohimbe)

ヨヒンベとは、西アフリカを原産とするアカネ科の植物で、その葉や樹皮にはヨヒンビン(Yohimbine)と呼ばれる、アルカロイドが含まれています。

このヨヒンベは古くからアフリカで精力向上、催淫作用のあるハーブとして知られており、ヨーロッパでも媚薬、精力剤として昔から研究されてきておりました。

日本にも明治時代から紹介され明治38年に発行された医学書にもこのヨヒンベおよびそれから抽出されたヨヒンビンについての記述があるそうです。

さて、このヨヒンビンですが、α受容体拮抗剤としての効力があるといわれています。

α受容体拮抗剤?聞きなれない専門用語ですね。
ちょっと難しい専門的なお話になってしまいますが、簡単に説明します。

受容体とは生物の体にあって、外部や体内からの刺激を受け取り、情報として利用できるように変換する仕組みを持った構造のことを言います。

たとえば、体内の血圧上昇という刺激を受け取り、血管の拡張など血圧を下降させる反応をスタートさせる信号を発生するもの、と考えていただければいいかと思います。

この受容体にはα1とかα2、あるいはβ1など数種類のものがあり、α1は血管や前立腺に、α2はさまざまな神経系に関与しているそうです。

さて、ヨヒンビンはα1受容体とα2受容体の拮抗剤です。
拮抗剤とはその受容体が働かなくさせる効果を持つものです。

ヨヒンビンには、性的興奮を抑える因子の働きを抑えたり、血管を収縮させる因子の働きを抑える効果があるそうです。

ここまで、説明すればもうお分かりですね。

そうです、ヨヒンビンとはバイアグラ、レビトラといった男性機能障害改善薬と同じような効果、働きを持つと考えられているのです。

また、α2受容体拮抗剤としての効果があるヨヒンビンには、心因的EDを改善する効果が期待できるという報告もあるそうです。

トリビュラス(Tribulus Testiteris)

トリビュラスとは、ハマビシ科の植物で日本でも海岸の砂浜などで見つけることが出来るハーブです。

昔からこのトリビュラスはヨーロッパなどで精力アップのハーブとして愛飲されています。

このハーブには、男性ホルモンの一種テストステロンの分泌を促す効果があるそうです。

テストステロンは「男を作るホルモン」とも呼ばれ、骨格や筋肉の発達を促進するとともに、精子量の増加や性的興奮の促進する効果もあるそうです。

ジンセンの根(Ginseng Radix)

ジンセンとは、朝鮮人参のこと。

高い滋養強壮効果で有名な朝鮮人参(高麗人参)も、コブラXに配合されておりますが、他のジャムウでもこの朝鮮人参を配合しているものが多く見受けられます。

スーパージャンタンに含まれる成分を見ますと、コブラXなど他の精力剤系ジャムウに含まれる「ユーリコマの根」や「ヨヒンベ」が含まれています。

ユーリコマの根には、性的興奮を促進する効果があり、ヨヒンベンには血管を拡張する力があります。

この二つの生薬の力で、陰茎の勃起を促し、勃起状態を継続させる力があるんですね。

また、スーパージャンタン特有の成分にトリビュラスがあります。

トリビュラスは、精子量を増加させたり、男性ホルモンの分泌を促進す力があります。

つまり、精力アップのパワーがあるってことですね。

このトリビュラスが、他のジャムウとは一味違った、パワーの源になるんじゃないかと思います。

合わせて読みたいスーパージャンタンに関係するお話

ED・勃起不全を解消する食事とは?
テストステロンの分泌量を増やすには4つの万能ハーブ
参考:
ウィキペディアの執筆者,2018,「ハマビシ(トリビュラス)」『ウィキペディア日本語版』,(2018年10月15日取得,
参考:
ウィキペディアの執筆者,2019,「オタネニンジン(高麗人参)」『ウィキペディア日本語版』,(2019年4月30日取得,

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ED・勃起不全系ジャムウ一覧

ブラックコブラ
ブラックコブラ

コブラX
コブラX

スーパージャンタン
スーパージャンタン

ウラットマドゥ
ウラットマドゥ