性欲も落ちる精力減退の原因について

精力減退の原因を知ることが対策の第一歩!

精力減退(性欲低下)は、特に男性の中高年齢層にとって、とても大きなお悩みの一つであります。
一般的に、精力は25歳~30歳頃までがピークと言われており、その後30代から40代にかけて少しずつ衰えていきます。

特に30代後半から40代にかけて、自然な精力の衰えに加え、社会や家庭でのストレスや生活習慣病などが重なり、人によってはあっという間に精力が減退することがあります。

そして、この精力減退は、ED・勃起不全や性交渉中の中折れなども引き起こす原因ともなっているのです。

このように、多くの男性のお悩みの元となっている精力減退ですが、ここからはその原因を探り、どう対策していけばいいのか考えてみましょう。

まずは精力減退その原因を知っておいてください

男性の40代から始まる精力減退とその原因は多々ありますが、加齢による肉体的疲労や精神的疲労が、精力減退の原因に大きく関わってきています。

また、ストレスによる自律神経のバランスの崩れにより、男性ホルモン分泌の増減も精力減退の原因となっています。

次に、生活習慣病(特に糖尿病)は精力減退に限らず、男性を悩ます様々な症状を招く原因となっています。

神経機能が低下することで性感を感じなくなり、興奮の情報が陰茎にスムーズに伝わらなくなる事で、勃起不全の症状を招きます。

ストレスや生活習慣病は、男性ホルモン分泌を妨げる原因ともなり、精力減退をより進めてしまう事となるのです。

精力減退の対策を考えてみる

精力減退の原因は、ストレス、生活習慣病、男性ホルモン減少が関わる事がわかりましたが、自分自身で身体(健康面)に気を使う事で避けられるのではないでしょうか?

規則正しい生活、ストレスを溜めない生活が好ましいのですが、働くサラリーマン男性はそうはいかない場合が多いと思います。

ですが、普段の生活の中で次の事に気を使うだけでも精力減退を軽減する事も可能です。

1.バランスのとれた食事
2.ストレスをなるべく溜めない生活
3.質のいい睡眠をとる
4.パートナーとの良好な関係を築く

これらに関係して言えるのは、ズバリ!ストレスの発散により男性ホルモンの分泌を増やし精力減退を阻止する、または軽減するということです。

意外と簡単な事かもしれませんが、4つ全てに気を付ける事は難しいと思います。

この内1つか2つでも実行できれば、男性ホルモンの分泌が促され、精力減退の改善が期待できます。


また、漢方やハーブにあるノコギリヤシなどは、男性ホルモンを整える作用がありますので、取り入れていくのもいいかもしれません。

男性の精力減退は、楽しいセックスライフを送るために避けなくてはいけないテーマでもあります。

あまり無理をしないで、パートナーにも協力してもらい、出来る事から初めて対策をしていきましょう!

男性ホルモンの分泌の低下5つの要因

精力減退の一番の原因は、男性ホルモンの分泌の低下にあります。

男性ホルモンは、睾丸から分泌されるホルモンで、このホルモンにより精力、性欲が左右されると言われています。

また、この男性ホルモンの分泌により精子、精液の生産が行われるので、男性ホルモンの分泌が低下すれば精液の生産量も少なくなります。

では、なぜこの男性ホルモンの分泌が低下するのでしょうか?

それには、以下5つの要因があるのです。

加齢

男性ホルモンの分泌は年齢によって変化します。

一般的に18歳がピークで、そこから少しずつ減少すると言われていますが、個人差もあり「性欲、精力のピークは25歳で30歳から減少していく」という説もあります。

この加齢による男性ホルモンの減少は、自然現象のためどうしようもない事ですが、食事や生活習慣などによりコントロールすることも可能といわれております。

精神的なもの

女性やセックスに対する自信喪失や、性生活の不安など、精神的なものから男性ホルモンの分泌が減少することがあります。

とくに幼少期の体験によるトラウマや、経験が浅い青年期での体験など、過去の失敗体験などにより男性ホルモンが減少する事例もありますが、このような精神的な原因は専門医によるカウンセリングなどで回復する事例も多く見られます。

また、現代社会ではストレスなど精神的な疲労による男性ホルモンの減少も見受けられます。

精神的に安定している状態では、男性ホルモンは正常に分泌されますが、精神的不安定な状態では、それに比例し男性ホルモンの分泌も減少してしまうようです。

病気

病気でも、前立腺など男性ホルモンの分泌に関与している臓器の病気だけではなく、いわゆる生活習慣病といわれる、糖尿病、高血圧、心臓病も男性ホルモンの減少の大きな要因となっています。

前項の精神的な原因と合わせ、心身ともに健康な状態を維持していくことが、男性ホルモン分泌に重要なファクターであると言えるのでしょう。

病気に深く関係する項目ですが、投薬による男性ホルモンの減少も考えられます。

とくに、ホルモン系の薬などにより、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌が減少することも、十分考えられることです。

生活環境

大気汚染や食物などに含まれる添加物、いわゆる環境ホルモンと呼ばれる化学物質による男性ホルモンの減少も見逃せない要因です。

昔に比べ、環境ホルモンが問題化してきた現代の方が、男性の精力、性欲が減少していると考えるのは、筆者だけでしょうか?

精力減退の原因をもう一度おさらいしてみます

精力減退の要因5つがわかった所で、ここからは精力が減退する主な原因について探っていきたいと思います。

精力減退の一番の原因は、ずばり精子量の減少です。

陰嚢(睾丸)で生産する精子の量が減少すれば、とうぜん性欲も落ちます。
そして、勃起中枢の活性化も落ちてきます。

それにより、精力減退、勃起不全・EDと言った事が起きてくるのです。

最近の研究では、ここ50年で人間も含め、動物や魚類の精子量はどんどん減少しているそうです。

それでは、なぜ精子量が減少しているのか、その理由を探ってみました。

環境ホルモンの影響

先ほどもお伝えしましたが、人間を含めた生物の精子量の減少は、環境ホルモンが影響していると言われています。

環境ホルモンとは、生体の成長や生殖能力を阻害する化学物質の事で、大気汚染、食品添加物、化学物質などがその原因と言われています。

すでに数十年も昔から、自然界の多くの生物で生殖異常の事例が見つかっており、研究によりその原因は環境ホルモンと言われています。

人間に関して言うと、1992年のデンマーク研究チームの発表によると1930年代の成人男子の平均精子数は精液1ccあたり1億個あったのが、1990年には5~6千万個に減少したそうです。

このような精子数の減少は他の国でも多数発表されていますが、逆に変化はなかったと言った反論も出ています。

まだ環境ホルモンによる人間の精子数の変化についてはっきりとした結論は出ていませんが、幾多の動物実験の結果や、自然界の事例などを見ますと、環境ホルモンが人間の生殖機能に与える影響は少なくないと言えるでしょう。

加齢による男性ホルモンの減少

男性は思春期を迎えるころから、男性ホルモンの分泌が多くなり、男らしい体つきになったり、射精ができるようになったりします。

この男性ホルモンの分泌は年を追うごとに多くなりますが、25~30歳をピークに減少し始めます。

この男性ホルモンは、精子を作る能力と密接に関係していますので、加齢による男子ホルモン分泌の低下は、精子量の減少、ひいては精力の減退や勃起不全・EDを引き起こします。

また、射精をコントロールする筋肉の低下も招き、早漏になる事もあるそうです。

精神的不安やストレス

仕事や生活のストレス、精神的不安も精子減少の原因の一つです。

まだ因果関係ははっきりしていませんが、ストレスによるホルモンバランスの崩れが、理由の一つと言われています。

また、女性からの何気ない言葉が自尊心、プライドを傷つけそれが原因で精神不安になり精力減退、勃起不全になったという事例もあります。

女性のみなさんが考えている以上に男性はナイーブで傷つきやすいものなのです。

病気、疾患

糖尿病による精子減少はよく知られています。

糖尿病以外にも、肝臓や腎臓の病気になっても精子の減少、精力減退は起こるそうです。
やはり、健康な肉体が精力減退を阻止する基本なのでしょうね?

薬物の副作用

精子の減少に影響する薬物もあります。

例えば、シンナーや麻薬などは、精子減少、精力減退の原因になっているそうです。

また、そのような危険な薬物でなくても、アルコールを飲みすぎることにより、ホルモンバランスを崩す事も充分考えられます。

事故

事故などにより、中枢神経を痛めてしまい、精力減退が起こる事もあります。

脊髄の中には多くの神経があり、その中に勃起中枢と言う神経組織があります。

事故などにより、勃起中枢にダメージがあると、いくら興奮しても勃起しないと言う事があります。
精力減退、と言う意味からすると少し外れるかもしれませんが、勃起不全・ED、早漏の原因の一つと言えます。

生活習慣

飲酒や偏食、暴食、過度な喫煙、運動不足など、生活習慣による精子の減少による精力減退もあります。

この事に関しては、精力減退に限らず多くの男性機能に関係してきます。

食事に関しては、血液を造る、またその血液を流す血管の状態にも影響します。

喫煙や運動不足もそうですね?

自身の健康を保つことで、男性の悩みを解決する事になりますので、少しで良いので無理せず気にしていってみてください。

ぜひ、この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

以上、性欲も落ちる精力減退の原因についてでした。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

精力とは?
精力増強-日常生活での対策
精力増強に役立つ食材・生薬
精力剤について
精力と寿命
精力減退は加齢が関係する50代

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック