媚薬で女性用って本当にあるのか解説しています。

媚薬~女性用の惚れぐすりは、本当に存在するのか?

女性をその気にさせる媚薬や香水って 。 。 。 男性なら一度は憧れます。

異性に恋愛感情を抱かせるものとして、多くの小説やドラマなどに登場してきましたよね?
その情報を見て、ちょっと憧れを抱くのも、またメンズのエロい部分でもあります。

では、「 女性用媚薬や催淫薬 」は本当にあるのか?

また、「 男性用精力剤を女性が飲んだら 」どうなるか?


そんな疑問について、エムズなりに考えてみました。

まずは媚薬についておさらい

媚薬とは、性欲を高めたり恋愛感情を起こさせると言われています。

セックスに対して消極的な状態から、性的興奮を高めてセックスしたくなるような効果を持つ作用、あるいは何らかの障害でセックスができない状態を解消させる物が、現代においてはそう認識されています。

男性は、精力が上がれば自然と性欲が出てきますから、精力剤が媚薬と言えるのかな?

しかし、女性は男性と違って精力が上がれば性欲が出てくると限ったわけではありません。

もし、意中の女性が自分を好きになってくれる、またはセックスのチャンスが巡ってくるようなオマジナイ的な物があったら? って、男性なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

昔から惚れ薬と呼ばれるものはありました

過去からの言い伝えや、文献などには多く登場しています。

例えば、中国の美女で有名な楊貴妃や、エジプトの女王であるクレオパトラなどは、媚薬を使っていたそうです。
また多くの王様たちは、部下に命じて現代で言う性欲増強剤を集めさせていたそうです。

では、どういうものだったのでしょうか?

調べてみると、興奮作用を起こす木の実や果物、野菜などの食物だったようです。

例えば、リンゴ、ザクロ、イチジク、玉ねぎ、トリュフ、卵、チーズ、ニンニク、カカオ、コーヒー、こしょう、ナツメグ、チョコレート、バニラ、アルコール、動物の性器などが昔は増強剤として珍重されていたそうです。

また、幻覚症状を起こさせる、大麻やキノコ類も使われていたという記録もあります。

女性用媚薬といえるもの

では、現代における女性用媚薬とはどのようなものがあるのでしょうか?

先ほども述べましたように、人の心をコントロールするものは存在しません。

現代では、性的興奮を促し増強するもの、セックスにおける障害を改善するサプリメントの事を言います。

代表的な女性用を3つ上げて、現代における惚れ薬を説明したいと思います。

ダイフルカン
ファイザー製薬が開発した女性向け性交障害改善薬です。
本来はカンジタ感染症などの感染症治療薬でしたが、その副作用に膣内を常に潤すという効果が発見され、性交時に膣内が濡れない、あるいは濡れ方が少ないことによる性交障害( 性交痛 )を治療する薬として流通しています。
ウーメラ
女性用バイアグラの異名をもつ薬で、男性用バイアグラと同じく、クエン酸シルデナフィルが主成分です。
この薬は血管拡張を起こさせる効果があり、それが女性器周辺の血管に現れると、女性器、特にクリトリスが充血し感じやすくなるというものです。
バイアグラ同様に副作用も充分考えられるので、特に心臓病や高血圧の方の服用は注意が必要で、医師の処方箋が必要という事らしいです。
フリバンセリン
ドイツの製薬会社が開発した女性の性欲を促す薬です。
バイアグラのように、血管に作用するのではなく、直接脳内の神経系統に作用し、ドーパミンを分泌させることにより、性欲を向上させる効果があるそうです。
もともとは抗鬱剤として開発されたのですが、女性の性欲向上効果がわかり、精力剤として販売されているそうです。
ただし、もともとは抗鬱剤ですから、頭痛、吐き気や精神の高揚などの副作用が多く、ドイツ以外の国では販売や使用が認められていなかったり、制限があるそうです。

注意:ここにあげた女性用媚薬は、当店(エムズジャムウマーケット)では扱っておりません。

しかし、血流を上げることが女性を感じさせる方法なら、男性用ジャムウが代用できるのではないでしょうか?

男性用ジャムウは女性に効果があり?

当店でご紹介しているジャムウは女性にも効果があるのか? といった質問を時々頂きます。

男性用精力剤は、陰茎の血流を改善するものとして作られているものですから、メーカーの説明書にも女性への効果については書いておりません。
ただし、男性用ジャムウに使われている成分から、女性への効果が推測されます。

男性用ジャムウの主な成分は「 ユーリコマの根 」と「 ヨヒンビン 」です。

このうち、ユーリコマの根には男性ホルモン「 テストステロン 」の分泌を活性化する働きがあり、それにより興奮しやすくなるという効果が考えられますが、あくまでそれは男性においてです。

女性への効果については、ハッキリとした報告はないようです。

次に、「 ヨヒンビン 」の効果です。

ヨヒンビンは、血管を拡張させ血流を良くする働きがあります。

その働きが女性器周辺の血管に出たら、感度の向上や、普段より濡れやすくなるといった効果も期待できるかもしれません。

男性用を女性が引用したら、何らかの効果が表れるかもしれませんし、全く効果が出ない場合もあるという事です。


しかし、血流を上げることが女性を感じさせる方法なら、男性用ジャムウが代用できるのではないかとエムズは考えます。

※ただ一つ、ここに挙げていることは医学的根拠はありませんので、自己判断でお願いします。

まとめ

最後に、ジャムウの中には女性向け媚薬効果が期待できるものはあるのでしょうか? という疑問。

いろいろ、インドネシア内で探してみましたが、残念ながらありませんでした。
しかし、男性用を流用することで効果が期待できるかもしれないということは分かりました。

基本的に当店で扱っていますジャムウの飲み方は、カプセルを2つが基本ですが、女性が飲む場合、1カプセルから試してみるのも良いかもしれません。

ぜひ、この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

女性の性欲を高めるハーブって?

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック