加齢に伴う老化現象が引き起こす早漏の対策と改善法

加齢に伴って、心配になってくる性の悩みは沢山あります。

男性の多くは、精力減退、EDと言った症状に悩まされる方が多いのではないでしょうか?

 

ところが、若者だけに多い症状と思われていた早漏ですが、年を重ねた中年以降の男性にも襲い掛かる事があります。

 

それが・・・ 『衰弱性早漏』 と言われる症状です。

 

加齢が原因で起こる症状ですが、改善する方法が無いわけではないのです。

 

 

129166095_org.v1333549689

 

 

衰弱性早漏とは何なのでしょうか?

 

年を重ねるごとに、下半身の筋力は衰えていきます。

特に、中高年期(中年期45~64、高年期64~)の男性は筋力もそうですが、男性ホルモンの分泌も低下していきます。

射精に関係する筋肉は射精閉塞筋と呼ばれる筋肉群ですが、性ホルモン減少でも緩むことがあります。

 

特徴は、イクと言うよりは精液が漏れると言った症状で、射精する瞬間まで止めておく事が出来なくなってしまいます。

 

衰弱性早漏の対策としては、下半身を鍛えていく事が最善とされています。

 

ところが仕事などに追われ、日々時間が取れない男性にも簡単にできる・・・ ケーゲル運動!

気が付いたときに、気軽にできるトレーニングです。

 

詳しい内容はこちらから>>早漏と老化の関係と対策&改善法

 

下半身のトレーニングは、早漏の対策だけではなく、他の性機能低下を防ぐ事も出来ます。

 

ただ、トレーニングを始めたからと言って直ぐに効果は表れませんので、とりあえずは早漏予防アイテムを使いながら改善していくのも良いと思います。

 

もう歳だから・・・

とあきらめずに下半身を鍛え、セックスライフを楽しい物にしていきましょう!

 


[contentblock id=1]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ