お風呂に入る事で、健康促進効果がある事は、昔から知られていますよね。

 

毎日湯船に首まで浸かる・・・

 

日本固有の伝統文化でもあると言われています。

 

7ead2e2c89044795550d6a359e907a15_s

 

日本以外の国では、大体がシャワーで済ませてしまう事が多いようですが、

せっかくですから、その日本文化を利用して、男性のお悩みを解決できたら良いですよね?

 

という事で、ここからは入浴法と期待できる効果について説明していきます。

 

ぬるめのお湯(40℃以下)で10~20分程度つかりましょう!

ぬるめのお風呂に入る事で、リラックス効果が期待でき副交感神経を優位にします。

こちらの効果は、早漏予防としての効果が期待できます。

 

次に、長い時間お風呂に入る事で体が温まり、血管拡張作用が起こります。

血流促進効果が毛細血管まで血液を送り、ED(勃起不全)改善の効果が期待できます。

 

詳しい入浴方法はこちら>>男性のお悩みに役立つ入浴法とは?

 

血管がポンプ代わりになる温冷交互浴!

名前からもわかるように、温かいお湯と冷たい水を交互に体へかける方法です。

と言っても、冷たい水は足先に掛けるだけで十分効果がありますので、ご安心をっ!

 

この方法は、疲労回復に効果的な入浴法で、ED改善や精力減退予防に効果があります。

 

以前、当ブログで紹介したこちらも>>男子力を上げるには、冷やしなさい

 

温冷を繰り返す事によって、血管が収縮を繰り返します。

その事が血液のポンプ代わりになり、普段行き届かない毛細血管へも血液を運んでくれます。

ただ、体への負担が大きいので注意が必要です。

 

呼吸法もプラスしてダブル効果!

腹式呼吸は、リラックス効果や自律神経への働きで、副交感神経が優位になりリラックスします。

入浴によるリラックス&腹式呼吸でリラックスと、ダブルの効果がED改善や早漏予防になります。

 

普段何気なく一日の終わりに、体の汚れと疲れを取ってきたお風呂ですが、

その効果を見てみると、男性にとって悩ましい症状の対策となります。

これから入浴する際は、以上の事を気にしながら入ってみて下さい。

 


[contentblock id=1]