ダドンが好きなシリー

こんにちは。男性向けジャムウショップ・エムズジャムウマーケットの不思議店長です。
今日のブログの題名、何かわかりますか?

ダドンというのは、バリ語で「おばあちゃん」。「シリー」とは、キンマのことです。
え?キンマ・・・って・・・なに?

シリー(キンマ)とは、インドネシアに古くから伝わる嗜好品で、神聖なものとされ、おもてなしの品としてお客様に勧めることもあるそうです。
今では、街中ではあまり見かけなくなりましたが、田舎に行くとお年寄りが、このシリーをもむもむ噛んでいるところを見かけます。

バリ語でバセ(Base)と呼ばれる、シリー(Sirih・コショウ科の多年草)のハート型の葉っぱにブアー(Buah・ビンロウというヤシ科の植物の種子を薄くスライスしたもの)とカプール(Kapur・石灰)とガンビル(Gambir・阿仙薬といわれ、アカネ科カギカズラ属の植物の葉と若枝を乾燥させたもの)をのせ、くるんで口の中でもむもむと噛みます。

しばらく噛んでいると、口の中で石灰とビンロウが反応し唾液と混じり、赤いつばが大量に出ます。このつばを飲み込むと、胃に悪いので、つばは吐き出します。
噛んでいると、口の中はピリピリとした刺激があり、覚醒作用があるそうです。

ある程度噛んだら、シリーは吐き出し、マコ(Mako)と呼ばれる、タバコの葉を丸めたもので歯をこすり、その葉を下唇と歯茎の間にいれておきます。こうすることにより、タバコの葉からニコチンがでて粘膜吸収されるそうです。

このシリー、インドネシア独特の嗜好品かと思ったら、ビンロウは台湾などでも嗜好品として使われ、東南アジアの広いエリアで好まれている物だそうです。

さて、シリーですが、噛んでいる出てくる赤い唾は飲み込まず吐き出すと、書きましたが、この赤い唾、本当に血を吐いているように見えます。土の地面に吐いても、それほど感じませんが、コンクリやアスファルトの上に吐いてあると、まさしく、血の色をしています。

もちろん、シリーを噛んでいる口の中も真っ赤で、夜シリーを噛んでいるおばあさんが、ニッと笑って、血に染まったように見える口が見えたら・・・吸血鬼やヤマンバかと、思います。

また、シリーを噛んでいる人は、その成分で歯や歯茎が黒くなっていきます。まるで、昔の日本のお歯黒のようです。
そのため、人前では恥ずかしくて、口をあまり開かないおばあちゃんもいます。

シリーですが、先ほど書いたように、覚醒作用がありますが他にも、殺菌作用や消臭作用もあるそうです。
さらに、歯を強くする効果があると、ダドン(おばあちゃん)は言ってました。

最近、つばを吐いたり、口が黒くなるのが、下品でみっともないからと、シリーを噛む人が少なくなってきました。
若い人はもう、ほとんどシリーを噛まないと思います。
こうして、少しずつ昔から伝わる風習が消えて行くのを、少しさみしく思う店長でした。

2 Responses to “ダドンが好きなシリー”

  1. harum より:

    昔(と言うほどでもないですが…)台湾に旅行に行ったとき
    ガイドに通り道に会ったビンロウ屋で買ったものを試してみろ~
    と渡されましたが…
    何がびっくりしたって台湾では超セクシー?な下着姿のような女の子が売ってました。。
    一説には吐き出した唾の色が悪いとかで台北では「ペッペー」禁止令が出たそうな。。
    バリ在住になって毎朝家の回りを掃除するとマコの塊が無数に落ちてます。。
    我が家の近辺ではダドン&カケッ達が未だに噛み噛みしてます~。

  2. jamu より:

    harumさん、コメントありがとうございます。
    台湾のビンロウは有名ですよね。そして、ビンロウ売りのセクシーお姉さんも。
    まだ、台湾には行ったことはないのですが、もし機会があればぜひ、ビンロウ売りのお姉さんを見てみたいものです。

    ウブドではもうシリーを噛む人は少なくなってきていますが、マス村は相変わらず現役ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ