オトコノコは、射精の時、強い快感を感じます。

局部などの性感帯に刺激を受けると、快感を感じ、その快感がピークに達すると射精反応が起きます。

その射精時に、それまでに感じてきた快感より、もっと強い快感を感じるのです。

オンナノコもオーガズム時に強い快感を感じるそうですが、それに似ているかもしれません。

オトコノコが、射精時に強い快感を感じるのは、精子が射精管を通過するためです。

性的刺激を受け、快感を感じると脳から勃起信号が出て、陰茎が勃起します。

さらに刺激を受けて快感を感じると、精巣上部に蓄えられていた精子が精管膨大部まで運ばれ、そこで一旦待機します。

そして、快感がピークになる(オーガズムに達する)と、射精中枢が反応し射精反応が発生します。

前立腺内に前立腺液が分泌され、精管膨大部に蓄えられていた精子が射精管を通って前立腺に運ばれ、前立腺液と混じり精液となります。

この射精管には、快感神経があり、射精管内を精子が通過する際快感神経を刺激し強い快感が発生するのです。

で、ここであることを思いつきました。

「射精管を精子が通過すると、強い快感が起きるのなら、通過する精子量を増やせば、快感も増えるんじゃないか?」

さっそく、ネットを検索したり文献を調べたりすると、確かにその通りでした。

精子量を増やせば、射精時の快感は強くなる!

実体験でも、そんなことありますよね。

何日も射精がない、つまり「溜まっている」状態で行う射精は、すごく気持ちがいいですよね。

では、どうすれば精子がたっぷり溜まるのか?

一つはしばらく射精をガマンする。

通常、健康な男子なら、毎日精子は生産され、精巣上部に溜まっていきますが、およそ4日間で満タンになるそうです。

それ以上溜まると、精子は体内に吸収されていくそうです。

つまり、4日間我慢してから行う射精は気持ちがいいってことですね。

もう一つは、精子量を増やす。

これは、食べ物による体質改善や、ジャムウなどの精力剤などにより、射精する精子量を増やせば気持ちよさも増えるという事です。

そして、三つ目は、射精コントロール。

勃起後性的刺激を受けると、精巣上部にたまっていた精子は精管膨大部に集まってくるのですが、性的刺激を受ける時間が長ければ長いほど、精管膨大部に集まる精子量も増えていきます。

性的刺激を受け射精するまでの時間が短いと、溜まっている精子量も少なく、快感も少ないというわけです。

射精するまでの時間を長くする、つまり射精コントロールを行う事により、射精時の快感が増大するという事です。

精子がたっぷり溜まるまでSRXなどをガマンする事ができない方、あるいは体質改善などがうまくいかない方は、射精コントロールによる射精精子量の増加が一番現実的な方法ではないでしょうか?

射精コントロールですが、イメージとして行きそうになるのを、ぐっとこらえると思われがちですが、もちろんそれもアリですが、もっと手前の時点で、刺激を中断してこらえるってのもアリなんです。

例えばSEXでは、途中で体位を変えるとか、ピストン運動の速度を変えるとか、一旦ピストン運動を中断して、愛撫をするとかして、刺激を中断させ、射精に至るまでの時間を延ばすというテクニックもアリなんです。

いろんな方法がありますが、射精時の快感増大のために、パートナーの為に、射精コントロールはとても大切な事という事をご理解ください。

射精コントロールと快感に関しての詳しいお話は>>エムズジャムウマーケット・射精コントロールで快感度アップ

—–>8— チョキチョキ —>8—

今月のクーポン番号のお知らせいたします。

ぜひぜひご活用下さ~い!

エムズジャムウマーケット限定『5%引き』クーポン

今月の番号は・・・2515

※有効期間: ~2019年9月25日8時までのご注文のみ

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を5%引きとさせていただきます。

割引クーポンの使い方はこちら

–>8— チョキチョキ —>8—