セックスでパートナーを喜ばせたいっ!

オトコなら、いつも思っている事だと思います。

セックスが単なる子作りの作業なら、相手を喜ばしたり、快感に浸る必要はありません。

しかし、セックスは単なる子作りの作業だけではなく、愛し合う2人がお互いに気持ちよくなるための行為なんですね。

ならば、自分も気持ちよくなって、相手も気持ちよくなるセックスが最高のセックスと言えるのではないでしょうか?

では、どうやったらパートナーを喜ばせることが出来るのでしょうか?

・長時間挿入し続ける

・自分の持ち物を立派なものにする

・女性の性器を刺激し続ける

なんて、考える男性が多いと思います。

でも、それって本当でしょうか???

女性に関する文献を調べたり、実際女性からお話を聞いてみると、男性が思っている事と大きなずれがあるようです。

女性を本当に気持ちよくさせるには、セックスをする前からちゃ~んと、やらなくてはいけない事があるんです。

男性は、聴覚と視覚で性的興奮をします。つまり、エッチな声や音を聞いたり、エッチな映像を見るだけで簡単に興奮してしまいます。

しかし、女性はリラックスと触覚で興奮します。男性のようにエッチな音や映像では興奮しないのです。

緊張を解いてリラックスさせ、全身を愛撫することによって初めて性的興奮を覚えるのです。

ここで大切なのは、リラックスという事です。

シャワーを浴びて、いきなり「さぁ、やるか~」じゃあ、リラックスもなにもあったものではありません。

そりゃあ、お付き合い期間が長くて、相手もそんなことに慣れていれば、大丈夫かもしれませんが、パートナーを本当に喜ばしたかったら、まずリラックスさせることが必要です。

では、リラックスさせるには、何が必要でしょうか?

もちろん、お互いが愛し合うってことは必要です。好きでもない相手とセックスするなんて、女性にとって緊張以外何物でもありません。

愛し合っていても、リラックスできる雰囲気作りは必要です。

まず、照明は暗めの方がいいでしょう。自分の裸を見られることは恥ずかしさと緊張感を生みますよね。薄暗い空間の方が、緊張はほぐれます。

次に、音も気を付けましょう。

外の音が入ってくるような環境では落ち着くことが出来ません。静かな環境が望ましいです。

さらに、相手が好きな音楽や、リラックスする音楽を掛けるのもいいでしょう。

もちろん、ベットや部屋は清潔にしなくてはいけません。ごみが落ちていたり、何日も交換していないようなシーツだったら、リラックスする前に、嫌がられますよね。

アロマやお香をたくのもいいと思います。イランイランというハーブのアロマには誘淫作用があると言われています。

こうやって、パートナーがリラックスできる環境を整えることが、お互いに気持ちのいいセックスをする第一歩だと思います。