ED・勃起不全は男性の大きなお悩みです。

以前は、ED・勃起不全は高齢者の悩みで、若い方は関係ない、と言われていましたが、ストレス社会の現代、若年層にもこの悩みが広がっているそうです。

このED・勃起不全の対策に下半身の筋肉トレーニングが良いとご紹介しましたが、今回は具体的なトレーニング方法をご紹介します。

今回紹介するのは、スクワットです。

下半身、特に大腿四頭筋や大殿筋を鍛えるトレーニング方法で、特別な器具もいらないので、かなりポピュラーな方法だと思いますが、注意しないとひざや腰を痛めることもあるそうですので、ジムなどで専門のトレーナーに指導してもらうのが理想だと思います。

スクワット

スクワットの手順は以下の通りです。上図を見ながらお読みください。

1)足は肩幅程度に広げ、つま先は軽く外側に向けます。

2)手は、図にあるように頭の後ろで組んだり、腰に当てたりします。

3)背筋をしっかり伸ばします

4)ゆっくりと息を吸いながら腰を落としていきます

5)ゆっくりと息を吐きながら、ひざを伸ばして直立姿勢に戻ります。
この時、ひざを痛めたいために、軽くひざが曲がっているところで伸ばすのを止めます

6)4と5を繰り返し行います。

5回を1セットとし、セット間に休憩をはさんで3~5セット行います。

慣れて来たら、1セットの回数を増やしたり、セット数を増やしていくといいでしょう。

ひざを曲げていくとき、どこまで腰を落としたらいいかで、鍛える筋肉が変わってきます。

太ももが水平になるまで腰を落とすことを「パラレル」といい、大腿四頭筋とハムストリングスが鍛えられます。

パラレルよりも浅い位置で止めると、より大腿四頭筋への負荷が上がります。大腿四頭筋に負荷を集中させたいときは、浅い位置で止めましょう。

パラレルよりさらに腰を落としていくと、大腿四頭筋と大殿筋、ハムストリングスをバランスよく鍛えられるようになります。

太ももがふくらはぎに付くまで腰を落としていけば、大殿筋、ハムストリングスに強い負荷がかかります。

鍛えたい部位によって腰を落とす位置を変えてみましょう。

さて、スクワットですが、常に自分の体重の負荷がかかっていますので、ひざや腰の故障のリスクがあります。

それを防ぐために、以下の事に気を付けましょう。

・常に背筋をまっすぐに伸ばしましょう。腰の故障予防になります。

・ひざを曲げた時、ひざが足より前に出ないようにしましょう。

・ひざを曲げる角度が大きいほど、ひざへの負担が増えますので、無理はしないようにしましょう。

・ひざを伸ばすときは、まっすぐになるまで伸ばすとひざを痛めます。軽く曲がっている程度で止めましょう。

初心者の方は、無理をせずセット回数を減らして、様子を見ながら増やしていってください。

その他の筋トレ解説はこちらをご覧ください>>エムズジャムウマーケット・ED・勃起不全に役立つ脚部の筋トレ

—–>8— チョキチョキ —>8—

今月のクーポン番号のお知らせいたします。

ぜひぜひご活用下さ~い!

エムズジャムウマーケット限定『5%引き』クーポン

今月の番号は・・・6261

※有効期間: ~2019年12月12日8時までのご注文のみ

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を5%引きとさせていただきます。

割引クーポンの使い方はこちら

–>8— チョキチョキ —>8—