こんにちは!エムズジャムウマーケット店長です。

2013年もあっという間に1週間が過ぎてしまいました。

今年は、どんな年になるんでしょうね。

さて、昨年のニュースなんですが、2012年の出生率は過去最低だったそうです。

少子化問題はなかなか解決しませんね。

少子化の原因の中には、経済も問題もあると思います。

不況の中、子供にかかる費用は年々増加しています。本当は子供が欲しいのに、経済的理由で小作りをセーブしているというご家庭もあると思います。

経済的問題は、政治家に任せるとして・・・

私が心配していることは、俗にいう草食系男子の増加です。さらに、草食系から進んだ植物系男子も現れているそうです。

男性が草食系・・・つまりセックスに対して積極的ではないのには、いろいろ理由があると思います。

その理由の一つに、女性と付き合うのが面倒、大変というのがあります。

男性が女性とセックスするには、女性と仲良くなって、意思疎通がなくてはいけません。

また、女性から、この人とだったら、セックスしてもいい、と思われなくてはいけません。

そのためには、デートに誘ったり、プレゼントなどで気を引いたりと、色々な事をしなくてはいけません。

また、あいては人間ですから、自分の思った通りにならない事もあります。

そういう事が面倒、大変なので、セックスはちょっと・・・という事でしたら、それほど心配はしておりません。

そのような男性は、風俗に言ったり、自慰行為をしたりと、性行為自体を嫌っているわけではないからです。

コミュニケーションがうまく取れる(気が合う)女性や、本当に好きになる相手とと出会えば、草食系という事は無くなるでしょう。

また、最近疲れ気味で、性欲はあるんだが、あそこがいう事を聞かない。

あるいは、途中でスタミナ切れ、中折れしちゃう。

という方も、食事療法やジャムウなどで解決することもありますので、対策は打てると思います。

しかし、心配なのは、風俗にも興味がない、自慰行為もあまりしない、という性行為自体に嫌悪感を持つ男性の存在なのです。

本来、男性は勝手に精子がつくられ、溜まっていきます。

精子の精算が続く限り性欲はあります。

溜まれば、出したくなるでしょう。セックスに嫌悪感がある男性でも、溜まっていくのですから、自慰行為や夢精などで処理します。

しかし、自慰行為も夢精もしない、ということは、性欲がないという事、つまり正しく精子が作られていないという事です。

なぜ、正しく精子が作られていないのか?

ストレス、環境ホルモン、食生活・・・・

いろいろ原因はあると思いますが、性欲を無くした男性が増えていくという事は、確実に少子化に歯止めがかからないという事です。

将来の事を考えると、不安になりますね。

草食系男子、なんて言われて何年か経ちますが、単に奥手な男性が増えただけならいいんですが、性行為に興味がない、中性化した男性が増えていくことは、大変な問題だと思います。

今年も、エムズジャムウマーケットは、ジャムウを通じて、多くの男性と女性に愛を訴えていきたいと思います。

明るい、セックスライフの実現を考えていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。