日本の夏を代表する果物といえば、スイカですよね

私も大好きで、夏になるとよ~く食べていました。

暑い夏の昼下がりや、夕涼みの庭などで、冷たく冷やしたスイカにかぶりつく・・・

もうたまりませんね。

調べてみると、スイカはおいしいだけでなく、すごく体に良いそうなんです。

スイカの効能の1番目は、水分補給。

スイカは90%以上が水分でできているので、夏ののどの渇きをいやすフルーツとして最適だそうです。

2番目は利尿効果

これは、スイカに含まれるカリウムの力によるもので、その利尿効果により体内の毒素が排出されすそうです。

デトックス作用により、体のむくみや疲労の回復、さらに解熱作用もあるそうです。

特に古くから言われてきたのが「酒毒の解毒」つまり、二日酔いの解消によいそうで、二日酔いのムカムカ感や頭痛などもスイカを食べれば治るとも言われています。

確かに、水分を十分取って、おしっこをすることは、新陳代謝も促し体にとても良い事です。水分が多く、利尿効果もあるスイカなら、デトックスに最適なんて、たしかにぃ~、って思いますよね。

3つ目の効果は美肌効果

スイカに含まれるシステインという物質は、細胞の若返り、再生能力が高いので、紫外線で傷んだお肌に潤いを与え、生き生きとさせる力があるそうです。

シミやそばかすなどの予防にもスイカはいいそうで、まさしく夏のフルーツですね。

4つ目の効果は老化・ガン予防

スイカに含まれるリコピンやグルタチオンという物質は、細胞の老化やがん抑制の効果があるそうです。

美味しくて、体にいいものがたくさん含まれているスーパー・フルーツ、スイカですが、さらに体に良い効能があるのです。

それが、シトルリンの力です。

シトルリンとは、1930年代に日本でスイカから発見されたアミノ酸の一種でほとんどの哺乳類の体内にも存在する物質だそうです。

このシトルリンは体内に吸収されるとアルギニンという物質に変わります(代謝します)

アルギニン!

聞いたことありますよね?

そう、ED・勃起不全の解消に役立つアミノ酸です。

スイカを食べると、ED・勃起不全解消に役立つアルギニンが増えるのです。

しかも、スイカのシトルリンはアルギニンより吸収効率がいいのです。ある銀を直接摂取するより、シトルリンの形で摂取したほうが良いそうなんです。

さて、アルギニンが増えると、なぜいいのか?

アルギニンが増加すると、酸化窒素(NO)が増えます。

NOが増加すると、cGMP(環状グアノシン-リン酸)が発生し、血管の平滑筋が弛緩して血管拡張が発生します。

血管が拡張することにより、体内の血行が改善され、動脈硬化、高血圧など循環器系疾患に良い影響を与えると言われています。

また、血流がよくなることにより、体内のアンモニアの排出、乳酸の消費がよくなり、筋肉の疲労回復に役立つためスポーツ選手は積極的にアルギニンを摂取していると言われています。

さらに、この血管拡張が陰茎動脈で発生すると、陰茎海綿体への血流量が増加するので、陰茎の勃起障害・EDに大変役に立つという事です。

普段、何げなく食べているスイカですが、美味しいだけでなく、体に良くてED・勃起不全にもよいという、スーパー・フルーツだったんですね。