母性愛と少子化

少子化の問題は、現在の日本において大変重要な問題です。

少子化の原因の一つに、セックスレスがあげられますが、強い母性愛が夫婦のセックスレスを産むという趣旨の話をWebで見つけたのでご紹介します。

母性愛というと、母親がわが子を守る、愛する心ですので、ないと困ります。しかし、あり過ぎても困るという話なのです。

自分の子供、特に息子に対する愛情が強すぎると、子供の乳離れ(親離れ)、母親の子離れがうまくいきません。成人しても、子ども扱いして面倒を見過ぎると、いわゆるマザコン男子を産んでしまいます。

母親べったりで、母親がいないと何もできないようなマザコン男子では超困りますが、そうではない隠れマザコンもいるようです。これは、女性の中に母親を見てしまう人。母親と同じような愛情で女性に接するため、どうしても性の対象とは見れなくなるそうです。

お付き合いはできるけど、セックスはできない。

そんな隠れマザコン男性も増えているそうで、原因は強い母性愛から来ていると言えるでしょう。

もう一つの問題は、子供が生まれてから、急にセックスレスになる夫婦が増えている事です。

確かに、授乳期は女性の中にプロラクチンというホルモンが増え、このホルモンの力で性欲が減少します。しかし、子供が大きくなっておっぱいを吸わなくなっても、セックスレスが続くそうです。

この原因の一つが、奥様の育児負担が大きい事。育児疲れで、セックスをする気になれない、これ以上子供は欲しくない、と感じるパターンが多いそうです。

また、子供が生まれると、それまで名前で呼び合っていた夫婦が「パパ」「ママ」と呼び合うようになり、性の対象と見れなくなってしまうそうです。これは、浮気にもつながりますね。パパ、ママと呼び合う間柄となると、セックスの対象と見れなくなってしまうから、他にセックスの対象を見つけてしまう、という事です。

さてさて、この強い母性愛からくるセックスレスですが、昔はどうだったのでしょうか?

確かに、昔から男の子に掛ける愛情というものはありました。特に武家社会では、「お世継ぎ」といって、男子は大事にされました。でも、一人っ子なんて家は少なかったようです。

これは、大家族で暮らしていたので、おじいちゃんやおばあちゃん、あるいは兄弟たちが育児を分担し、奥様の育児負担が今より少なかったという事があるそうです。

さらに「子は宝」と言われるように、子供は社会的にも大切にされていて、子宝に恵まれる家は、良家と思われていたので、セックスレスは少なかったようです。

江戸時代は、母性愛はあったのですが、今のようにセックスレスにつながるほど強い母性愛ではなかったそうです。

では、いつから母性愛は強くなってきたのでしょうか?

調べると、どうも大正時代がキーとなっているようです。

明治維新により西洋の文化が入り、同時に古来から伝わる日本文化が否定されました。

それにより、性道徳などが変わってきて、従来日本に合ったおおらかな性道徳が恥ずべき物とされたようです。
そのため、セックスに背徳感、罪悪感が生まれたとも言われています。

また、このころからサラリーマン世帯が増え核家族化が進み、奥様の育児負担が増えていったそうです。

さらにさらに、強い兵士を育てたいという国策に乗り、愛国心と母性愛を結びつけた動きが政府主導であり、母性愛の賛美が積極的にされたそうです。

このような経過により、日本人の間に強い母性愛が広がり、現代のセックスレスの原因になっている、というお話です。

なかなか、難しいお話でしたが、ご理解いただけたでしょうか。

エムズジャムウマーケットの店長が言いたいのは

母性愛も確かに必要ですが、あまり強すぎても、問題ありという事ですね。何事も、ほどほどがよろしいようで・・・

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ