EDの治療法として真っ先に思い浮かぶのは、バイアグラなどのED治療薬の使用だと思います。

しかし、ED治療薬は服用した時はいいのですが、薬の効果が切れるとまた、勃起不全となり、根本的な治療にはなりません。

では、根本的な治療は何かというと、やはり体質改善が必要なのです。

体質改善には、食生活が非常に重要な要素で、ED治療に効果のある食材を摂取することにより、EDが治ったという例もあるそうです。

さて、ED治療に役立つ食材ですが、多くの文献などを見ますと「アルギニン」「亜鉛」「セレン」の適正な摂取が良いとされています。

この中で、今回はアルギニンについて、詳しくお話をさせていただきます。

アルギニンとは、成長期の子供に必要な栄養素といわれており、成人でも健康な体を維持するのに大切な必須栄養素です。

アルギニンが不足すると
・老化の進行  
・抵抗力の低下  
・生活習慣病  
・免疫力の低下
といった、リスクが高まるそうです。

このアルギニンですが、注目したい効果に「動脈硬化の防止」というものがあります。

なぜ、アルギニンを摂取すると、動脈硬化が防止できるのか、調べてみました。

アルギニンには、血液中の一酸化窒素(NO)を増やす働きがあるそうです。

血液中にNOが増えると、環状グアノシン-リン酸(cGMP)が発生します。

cGMP・・・どこかで聞いたことありませんか?

そう、以前ED治療薬についてお話したときに出てきた物質です

詳しくは、こちらの記事をご覧ください
>>ED治療薬って、本当に効くんですか?

このcGMPは、血管の平滑筋を弛緩させ、血管を拡張させる働きがあります。

そのことにより、動脈硬化などを防止する効果が生まれるそうですが、NOの増加とcGMPの発生による血管の拡張って、バイアグラなどのED治療薬の働くメカニズムと同じなんですね。

つまり、アルギニンを摂取することにより、陰茎周辺の血管が拡張し、大量の血液が陰茎海綿体に流れ込み、陰茎の勃起が可能となる、というメカニズムが生まれるのです。

アルギニンって天然のバイアグラなんでしょうか?

いえいえ、もう一度ED治療薬のメカニズムと比べてください。違いがわかると思います。

ED治療薬のメカニズムは、cGMPの発生を増加させるのではなく、cGMPを消してしまう5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の働きを鈍くするのです。
つまり、血管を拡張させるcGMPは増えていないのです。

しかし、アルギニンはcGMPの量を増やす、働きがあるのです。

車にたとえて言うと、ED治療薬は速度をおとすブレーキをはずす薬、たいしてアルギニンはエンジンをパワーアップさせる物質とも言えるでしょう。

どちらの物質のほうが、より優れていると思いますか???

しかも、アルギニンは子牛肉、鶏肉、牛乳、えび、大豆、ごま、玄米、チョコレート、ナッツなどの食材に含まれているのです。

おいしく食べて、ED治療!理想的ですね。

今回は、アルギニンだけに絞ってお話をしましたが、その他の栄養素については、こちらに詳しく載せています。

>>ED治療に有効な栄養素と食材

ぜひ、ご覧ください。

—–>8— チョキチョキ —>8—

今月のクーポン番号のお知らせいたします。

ぜひぜひご活用下さ~い!

エムズジャムウマーケット限定『5%引き』クーポン

今月の番号は・・・2515

※有効期間: ~2019年9月25日8時までのご注文のみ

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を5%引きとさせていただきます。

割引クーポンの使い方はこちら

–>8— チョキチョキ —>8—