EDとは、勃起不全、つまり男性のあそこが勃起しないあるいは、勃起しても硬度が保てなく、性行為が満足にできない事を言うそうです。

また、最初は勃起しても、性行為の途中で硬度がなくなる、いわゆる中折れも、EDの一種だそうです。

ただし、男性ならどなたでも経験があると思いますが、疲れている時や、連ちゃんで性行為をした時など、思うように勃起しない事がありますね。刺激を受けて勃起しなければ即EDと言う事ではありません。
医学書などを見ると「性行為の機会の75%以上で障害がある場合」と書いてありました。

さて、このEDですが、その原因として真っ先に上がるのが「加齢」です。

10代、20代の健康な男性なら、刺激があっても勃起しない、なんてことはありません。
特に10代の若い人なら、グラビアだけで1日で○回はイケる・・・ぐらい、活発でしょう。

でも、年をとると、ちょっとした刺激だけでは反応しなくなります。また、連ちゃんもできにくくなります。

これは加齢による性ホルモン分泌量の減少や、精力の衰えが原因なのです。

つまり、EDは高齢者に多い悩みだったのです。

しかし、最近若年層のEDが増えてきたそうです。

本来なら、性ホルモンの分泌も多く、一晩で何回もできそうな若者でも、勃起しない、あるいは中折れすると言った悩みがあるそうです。

それら、若年層でのEDは、大半が心因性EDだそうです。

心因性ED・・・つまり、精神的なトラブルによりED・勃起不全となってしまうのです。

精神的なトラブルと言うと、どんなものがあるかと言うと・・・

「ストレス」
仕事のストレス、生活のストレス、など、いろいろなストレスを抱えると、交感神経が常に活性化されてしまうそうです。交感神経が活性化されると、覚醒作用が出るのですが、反面リラックスできなくなるので、睡眠不足などに陥る事もあります。同時に、勃起するのに必要な勃起信号も出にくくなるそうです。
そうなると、いくら性的刺激を受けても、脳から勃起信号が出ず、EDとなってしまいます。

「トラウマ」
幼いころに受けた性的暴力や性的経験、若いころの性的失敗やトラブルなどが深層心理に残りトラウマとなって性交渉に対し嫌悪感や恐怖心を持ち、EDとなる事があるそうです。

「プレッシャー」
性経験が少ない若年層は、性交渉に対する緊張や責任感、使命感などによりプレッシャーを感じ、EDとなる事があるそうです。

これら心因的EDは精神的なものですから、何かの拍子に治ってしまう事もあれば、治療に時間がかかる事もあります。いいお医者さん、カウンセラー、あるいはパートナーなどの協力によって焦らず、時間をかけて治療していく必要があるのですね。

心因性EDに関しては、こちらのサイトにも詳しく載っています>>心因性EDとは?エムズジャムウマーケット

—–>8— チョキチョキ —>8—

今月のクーポン番号のお知らせいたします。

ぜひぜひご活用下さ~い!

エムズジャムウマーケット限定『5%引き』クーポン

今月の番号は・・・3898

※有効期間: ~2019年9月25日8時までのご注文のみ

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を5%引きとさせていただきます。

割引クーポンの使い方はこちら

–>8— チョキチョキ —>8—