昔から言われていることなんですが

「包茎には早漏が多い」

これって、本当なんでしょうか?

あ!包茎って意味がわからない女性読者(って、いるんでしょうか?)のために説明しておきますと

包茎とは、陰茎の包皮が常に亀頭部を覆っていて、通常時亀頭部が露出していない状態をいいます。

つまり、俗に言う「皮かぶり」です。

日本人男性のおよそ6割から7割は包茎だといわれています。

包茎にはいろいろな種類があり

通常時は亀頭が露出していないが勃起時や手で皮をむけば、苦痛もなく亀頭部が露出する包茎

を「非紋約型仮性包茎」といって、日本人の包茎の方の大部分がこのタイプになります。

他にも、包皮口がせまくて包皮を剥くと苦痛がある「カントン包茎」やまったく包皮を剥くことができない真性包茎、包皮が亀頭部に癒着している「癒着型真性包茎」などがあり、このような状況ですと、SEXがうまくできなかったり、亀頭部の清潔が保たれず病気になる恐れがあるということで、手術を勧められます。

一方、日本人に一番多い「非紋約型仮性包茎」は、包皮を剥くことができるので、清潔に保つ事もでき、SEXにも支障がありません。

しかし、亀頭部が常に包皮におおわれているので、包茎でない人に比べ、亀頭部に対する刺激に弱く、どうしても早漏になってしまう、という説もあります。

そのため、早漏対策として包茎手術は必要、と言っている方もいます。

早漏の原因が、亀頭部の刺激に弱いということだけでしたら、それも一理ありますが、他の理由(ホルモン異常など)も考えられますから、早漏患者が包茎手術をすれば、それだけで早漏がなおるとも、言えないのではないでしょうか?

それと、日本人に比べ、欧米人は包茎の人が少ないのです。・・・本当ですよ。

欧米人のほうが体格がよく、あそこも大きいから包茎が少ない・・・・

のではありません。

欧米人に包茎が少ないのは「割礼」という習慣があるからです。

割礼とは、生まれたばかりの子供の陰茎包皮を切除するいわゆる包茎手術です。

もともと割礼はアフリカの風習でしたが、ユダヤ教、キリスト教(の一部)、イスラム教では習慣的に行われています。

また、アメリカでは一時期、子供の成長を促すため、小さいうちに包茎手術をすることがはやり、男子児童の99%が包茎手術をしていたということもありました。(現在は、そこまで多くないそうです)

このような理由から、欧米人には包茎が少ないのです。

もし、欧米に割礼という習慣がなければ、欧米人の包茎率はもっと多かったかも知れませんね。

だから、包茎で悩んでいる男子!非紋約型仮性包茎なら、そんなに悩む必要はないのですよ~

その辺の詳しい話はこちら
>>包茎と早漏|エムズジャムウマーケット

包茎と早漏の関係については、こちらに詳しく載っております。
>>包茎手術で早漏予防?|エムズジャムウマーケット

ちなみに、包茎君の早漏対策におススメなのはこちら
>>スーパーマジックティッシュ

その理由はこちら~
>>スーパーマジックティッシュを包茎君に薦める理由

—–>8— チョキチョキ —>8—

今月のクーポン番号のお知らせいたします。

ぜひぜひご活用下さ~い!

エムズジャムウマーケット限定『5%引き』クーポン

今月の番号は・・・3898

※有効期間: ~2019年9月25日8時までのご注文のみ

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を5%引きとさせていただきます。

割引クーポンの使い方はこちら

–>8— チョキチョキ —>8—