カフェイン効果による早漏への影響と予防&対策

モーニングコーヒーや休憩時間の一息など、男性はコーヒーを飲む機会が多いですよね?

 

自動販売機やコンビニで手軽に買う事が出来ますので、気が付くとついつい飲んでしまいます。

 

世間一般には、コーヒーやお茶、紅茶などカフェインが入っている事は広く知られていますが、

カフェインは以外にも曲者で、早漏の悩みを持つ男性にはあまり好ましくない物なのです。

 

6b1df41818090ee545a8a20eae5bb22b_s

 

早漏の原因は多々ありますが、興奮によるものも多いのではないでしょうか?

 

カフェインとは、アルカロイドの一種であり、興奮を引き起こす作用があります。

 

よく寝る前に、コーヒーやお茶などを飲んでしまうと、眠れなくなる事は知られていますよね?

カフェインの覚醒作用は30分程度で作用し、持続時間は8~14時間程度となっています。

カフェインを摂った事で興奮し、寝つきが悪くなってしまうのです。

また、過剰摂取は自律神経のバランスも崩すと言われていて、

うつ病や自律神経失調症の方は、摂ってはいけない成分ともされています。

 

やはりカフェインの興奮作用は、色々な面であまり好ましくない性質を持っていると思われ、

普段から摂取する事を、気にする必要があるのかもしれません。

 

また、以前にも早漏予防として取り上げた、興奮を抑制する効果のあるメラトニンですが、

カフェインによって分泌が減ってしまう事がわかっています。

メラトニン分泌が減ると、リラックス効果も期待できなくなってしまいますので、

やはり、カフェインを控える事が早漏予防となっていくのかもしれませんね?

 

男性にとってコーヒーなどは、大事な息抜きのアイテムの一つとなっていますが、

早漏を予防したいと考えるなら、控える事をお勧めしたいと思います。

 

対策としても、昨今はカフェインレスや含有を控えめにしたコーヒーなどもありますし、

飲む量を減らすなどしていくと良いかもしれませんね。

 

カフェインと早漏の関係についてはこちらも>>カフェインの効果と早漏の関係

 


[contentblock id=1]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ