早漏予防に欠かせないリラックス効果や良質な睡眠に関係のあるメラトニンですが、

夜間効率よく分泌させるには照明の工夫が必要な事、知っていましたか?

朝日を浴びると体内時計がリセットされ、14~16時間後にはメラトニンが分泌されます。

その際、夜間の照明が原因でリラックス効果に期待の出来るメラトニン分泌が、抑制されてしまう事があるそうです。

せっかく早起きして、メラトニンの分泌を促す準備をしたのに、照明が原因で抑制されては台無しですよね。

 

lights

 

メラトニンをスムーズに分泌させてくれる、あまり影響されない光の強さは150ルクス以下だと言われています。

そこで、150ルクスってどのくらい?想像つかないですよね。

夜の街灯の下が 50~100ルクス、日没後すぐの明るさが150~200ルクスと言われています。

夕方から夜にかけての明るさが、大体150ルクス以下となるのではないでしょうか?

この位の明るさだったら、リラックスできるのもわかる気がしませんか?

また、抑制に関しては目から入る光の種類もあり、暖色照明はあまりメラトニン分泌に影響はないようですのでオススメです。

逆に、現代の主流になりつつあるLED照明などの青白い光は、メラトニン分泌を妨げてしまうそうです。

ちなみに、夜間のコンビニなどは500~1000ルクス以上となってしまいますので、

ホテルへ向かう前に、コンビニで買い物するのは控えた方がいいのかもしれませんね。

 

また最近は、パソコンや携帯などを夜間暗い環境で使う機会が増えていると思いますが、

これらから発せられるブルーライトと言われる光も同じように、メラトニン分泌が抑制されてしまいます。

夜間使う時間帯などを気にして、早漏防止の為にリラックス効果が期待されるメラトニンをスムーズに分泌させていきましょう!

 

 

メラトニンと照明についてはこちらもどうぞ>>早漏防止に役立つメラトニンの増やし方

 

 

エムズ ジャムウ マーケット限定『5%引き』クーポン!!

——–>8——– チョキチョキ ——–>8———–

※有効期間: ~10月23日11時まで

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を5%引きとさせていただきます。

今月の番号は・・・

cww2

です。

割引クーポンの使い方はこちら

——–>8——– チョキチョキ ——–>8———–