興奮を抑えるコツは呼吸法にあり!

男性にとって、誰でも考える射精までの時間・・・

パートナーに対して、満足させてあげられているのだろうか・・・

意外と悩んでいる方が多いと思います。

 

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

 

早漏で悩んでいる人は、いろいろな方法を駆使してなんとか射精時間を延ばそう!

ガンバっている男性は多いですよね(汗)

 

男性の中には、セックスの経験があさかったり、ようやくゲットした彼女との初のセックスの時などなど、興奮してしまうシチュエーションは多いと思います。

それに性的興奮には、視覚的要素も大きく関わってきますので、セックスの時に女性の裸体などを見てしまうと、男性は一気に興奮し、挿入から射精までがアッと言う間というパターンに陥りやすいようです。

 

射精に関しては自律神経も関係していて、自律神経は交感神経と副交感神経に分かれています。

ストレスや緊張などが原因で、交感神経が活発になる事によって、交感神経が優位になります。

そうすると、射精の命令が出てしまうので、ここで何とか交感神経を抑え込まなくてはなりません。

逆に考えれば副交感神経にアプローチできればいいわけですから、方法さえ分かれば射精命令を阻止する事も可能なのです。

早漏の原因についてはこちら>>早漏の対処と予防

 

そこでいかに緊張をほぐし、リラックスした状態で副交感神経を優位に立たせるかがカギになってきます。

性行為の前に副交感神経を優位に立たせる方法があれば早漏予防になるのではないでしょうか。

 

主にリラックスさせる方法として、アロマや音楽を聴いたりなど、人それぞれリラックスさせる方法が色々あります。

また、呼吸法(腹式呼吸)でも副交感神経を活性化させる事が出来るのです。

腹式呼吸をする事により、脳に対してリラックスしていると錯覚させて副交感神経をコントロールし、射精命令を遅らせる事が早漏予防に繋がっていく事になるのです。

 

他にもリラックスする方法は多々ありますので、パートナーにも協力してもらいながら、早漏改善に取り組んでいくのもいいと思います。

早漏改善に効果がありそうな物なら色々試してみて、自分に合いそうな早漏改善方法を見つけてセックスに自信の持てる男になりたいですよね。

 

呼吸法についてはこちら>>興奮を抑えて早漏防止

 


[contentblock id=1]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ