男性の皆さん

早漏には、どう対処していますか?

早漏予防アイテム? あるいはトレーニング?

聞くまでもなく、もちろん早漏予防アイテム(サムス)ですよね~(o^-‘)b

 

サムスの話はさておき、皆さんセロトニンって知っていますよね?

男性機能障害の話題に、必ずと言っていいほど耳にするのが・・・『セロトニン』

このセロトニンが不足する事で、早漏となってしまう事もあるのです。

 

banana

 

セロトニンが不足すると起こる代表的な症状

  • 気分の落ち込みや無気力症状などの症状 『セロトニン欠乏脳』
  • セロトニンが不足すると睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が低下 『不眠』
  • 強いストレス、不規則な生活で身体・精神の両面に様々な影響 『うつ病』

 

他にも、疲れやすい、食べ過ぎる(過食)、食欲がない(拒食)、偏頭痛、便秘、下痢、姿勢が悪い、低体温、免疫力の低下、風邪など、セロトニンが不足する事で様々な症状が起こります。

これら全てに関係している事は、セロトニン不足によって自律神経のバランスが崩れる事にあるのです。

 

では、早漏とセロトニン不足がどう影響するのか説明して行きます。

まず自律神経には2つあり、交感神経と副交感神経がそれぞれバランスよく機能する事で、勃起と射精をコントロールしています。

EDや早漏は、セロトニン不足による自律神経のバランス異常が原因となり引き起こされている症状なのです。

 

セロトニン不足を解消する事で、自律神経のバランスは保たれる!という事になってきます。

そこで必要になってくるのが・・・ 『トリプトファン』

 

人体では生成できないセロトニンは、トリプトファンをサプリや食事から摂取する事で、それが元となりセロトニンが作られます。

こちらも参考に!>>セロトニンの元となる食品について

 

この中でも最強と言われている食材が・・・バナナ

一つの食品で、セロトニンの元となる栄養素が含まれています。

 

セロトニンを増やす方法は他にもあり、早寝早起き、リズミカルな運動、グルーミングやスキンシップ、腸内環境を整える、セロトニンを増やす呼吸法など沢山の方法があります。

 

意外な早漏との関係・・・ セロトニン不足

 

早漏の対策には様々なアイテムが存在していますが、副作用が気になる薬などは使わず、体の中から治していけたら良いですよね?

 

詳しくはこちらも>>セロトニン不足が原因の早漏とその解消法は?

 

 


[contentblock id=1]