睡眠やリラックス効果に関係すると言われているメラトニンですが、年齢を重ねるごとに減っていくホルモンの1つでもあります。

 

加齢と共に減るといっても分泌量が少なくなるだけですので、完全に分泌されなくなるという事はないようです。

 

以下は、『睡眠』は簡単に削ってはいけない – 子育てメディアから引用させて頂きました。

 

メラトニンの分泌量は、1歳から5歳くらいまでが最も高く、10歳ごろから年齢と共に減少し始めます。

melatonin-graph(age)

 

グラフを見ても分かるように、中高年になるほど分泌量が少なくなっています。

幼少時の頃のよく眠るといった行為は、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌量に関係しているようですね。

本来なら夜に分泌が増えるメラトニンですが、高齢になるほど夜になっても分泌量が少ない為、眠りが浅くなるといった事が起こりやすくなってしまいます。

その原因のほとんどは、加齢により体内時計の調節機能が弱まっているからだとされています。

 

一番大事なのは朝起きたら太陽の光をしっかりと浴び、体内時計をリセットする事によって、規則正しいメラトニン分泌を促す事を心がける事がいいようです。

 

通常メラトニンは朝起きてから14~16時間後に分泌が始まり、さらにその3~4時間後に分泌量はピークを迎えます。

メラトニン分泌グラフ(Time of day)

 

 

メラトニンに関してはリラックス効果も期待できるホルモンとされ、セロトニンによって分泌が促されます。

睡眠ホルモンのメラトニンと幸せホルモンのセロトニンが一緒に分泌されることで、体をリラックスモードにさせてくれる効果があります。

 

メラトニンに関しては、普段の食事からも取り入れることができます。

メラトニンの素となる原料は、トリプトファンと言われる必須アミノ酸で、肉、魚、穀物、乳製品、豆類、野菜、果物などに多く含まれています。

ですので、普段の食事から摂取できるトリプトファンを多く取り入れ、リラックス効果のあるメラトニンの分泌を増やす生活を心がけてみて下さいね。

 

 ↓メラトニンについてはこちらも

メラトニン

メラトニンで早漏防止

早漏防止に役立つメラトニンの増やし方

 


 

お友達に紹介して、ポイントゲット!!

お友達ご紹介手続きは、↓こちら↓のリンク先をご覧ください!

https://joycart101.net/jamu/member.php?mode=109&from=&Joycartjamu=adhrt07bsuacpdl16sdkku2n64

 

——–>8——– チョキチョキ ——–>8———–

今月のクーポン番号のお知らせいたします。

ぜひぜひご活用下さ~い!

エムズジャムウマーケット限定『5%引き』クーポン

今月の番号は・・・ 4xj8

※有効期間: ~12月24日11時まで

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を5%引きとさせていただきます。

割引クーポンの使い方はこちら

——–>8——– チョキチョキ ——–>8———–