男性力回復ジャムウに配合されているハーブをご紹介

男性の回復力をサポートし、連チャンも可能になるジャムウとして人気のストロンガー(Otot Bima)。

インドネシアに古くから伝わる伝統医薬品ジャムウですので、中身はいろいろなハーブ類です。

とはいえ、どんなものが含まれているのか、ちょっと不安ですよね。

そこで、今回はこのストロンガーに含まれているハーブをご紹介したいと思います。

◆ヨヒンビン

よく聞く名前の成分ですよね。

ヨヒンビンは、アフリカ原産のアカネ科植物ヨヒンベから抽出されるアルカロイド(有機化合物)です。

このヨヒンビンの特徴は、血管を収縮させる働きと興奮を抑える働きを阻害する作用。

ちょっとややこしいですが、性的興奮を受けて、血管が拡張し陰茎海綿体に血液が流入し勃起した後、性的興奮を抑えたり、血管を元に戻したりする働きを、鈍くさせるパワーがあるのです。

結果、興奮が長続きし、勃起状態も継続していくのです。

このヨヒンビン、ストロンガー以外にもコブラXなど多くの精力剤ジャムウに使われている成分なんですよ。

◆ユーリコマ

ユーリコマは、マレーシアやインドネシアの密林に自生するニガキ科植物で日本ではナガエカサと言われています。

この植物は厳しい環境の密林の中で、10mを超える高さまで成長する植物で、マレーシアでは「アリさんの杖(トゥンカット・アリ)」という名前で古くから精力増強の秘薬として使われてきたそうです。

このユーリコマ、ジャムウにもよく使われているのですが、どのような成分が人体にどのように作用するのか、まだよくわかっていません。

マレーシアやヨーロッパなどの医療機関、研究機関が分析をしていますが、まだ研究結果が公表されていないようです。

それでも、昔から滋養強壮の妙薬としてマレーシアでは使われてきたハーブですので、安心して使用できると思います。

◆ミリスティカ・フレグランス

ミリスティカ・フレグランスとは、ナツメグの事です。

ナツメグ・・・といえば、肉料理やケーキなどに使われる香辛料じゃないの?

確かにその通りです。

そんな香辛料に精力アップの力なんかあるんでしょうかね?

あるんです!

古くはエジプト時代、絶世の美女と言われたクレオパトラは、毎夜王様とこのナツメグを食べて、夜の生活に臨んでいたそうです。

また、中国の楊貴妃も、ナツメグを淫靡薬として用いていたという話もあります。

つまり、昔から媚薬の一つとして使われてきたそうなんです。

近年の研究結果からナツメグのもつ媚薬効果はミリスチシンという物質であることがわかりました。

このミリスチシンという物質は大量に摂取すると、精神の混乱をきたす作用があるという事ですが、少量であれば性欲の増強などの効果があるそうです。

やはり、自然の媚薬だったんですね。

ストロンガーに使われているハーブの主なものは以上ですが、他にも体を温め、血流を整える生姜やウコンといったものも配合されています。

さて、このようなハーブの力により、男性パワーの回復をサポートするストロンガー。

一度使ってみれば、そのパワーも理解できると思います。

ぜひ、一度お試しくださいませ~~~

ストロンガー(Otot Bima)のご用命は>>エムズジャムウマーケット

—–>8— チョキチョキ —>8—

今月のクーポン番号のお知らせいたします。

ぜひぜひご活用下さ~い!

エムズジャムウマーケット限定『5%引き』クーポン

今月の番号は・・・ 4180

※有効期間: ~8月23日11時まで

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を5%引きとさせていただきます。

割引クーポンの使い方はこちら

–>8— チョキチョキ —>8—

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ