今日紹介するのは、サリビン(Saribing)という、ジャムウのナイトクリームです。

 

ナイトクリーム?

 

つまりお肌のトラブルを解消するためのクリーム状ジャムウで、どちらかというと女性向けのお話になります。

お肌のトラブルを抱えている奥様や彼女に教えてあげれば、感謝されますよ。

 

サリビン・ハーバルナイトクリームですが、あの!「ボカシオイル」で有名なボカシ社の製品なのです。

また、ジャムウ(インドネシアの漢方薬)というくらいですから、原料の大半は自然の植物などを使っています。

 

サリビンの主な原料は「パパイヤの葉」「アロエベラ」「シリーの葉」です。

パパイヤの葉っぱや実には沢山の酵素が含まれていて、この酵素がお肌に働き、保湿効果によってモチモチとした柔らかいお肌を実現するそうです。

アロエベラは日本でも「医者いらず」として有名な植物。

コラーゲンの生成や保湿、肌の再生に効き、美白効果もあるそうです。

このアロエベラの力により、白くなめらかな肌になっていくそうです。

 

シリーの葉っぱですが、シリーという植物、あまり日本ではおなじみではありませんね。

シリーとはコショウ科の植物で、高い殺菌力があり、バリ島では消臭や殺菌などに使われています。

このシリーの力によりアクネ菌などを殺菌し、炎症やニキビを抑えてくれたり、傷ついたお肌の再生を促してくれます。

これら、主成分の働きにより、しみ、そばかす、お肌のくすみ、ニキビなどを抑え白く美しい肌をもたらしたり、保湿効果、肌の再生促進効果によりシワの軽減、肌荒れ、乾燥肌の改善に役に立つそうです。

さて、こんなサリビンですが、ちょっと試してみましょう。

サリビン
こちらが、サリビンです。

フタを開けると・・・ジャムウ独特の、臭がします。慣れていないと、ちょっとくさいかな?

クリームも白いクリームというより、タイガーバームのような飴色のクリーム。

 

「このクリームを顔に塗るの・・・?」

 

最初は、ちょっと塗るのをためらいますが、塗ってしまえば、臭いとかは全く感じません。

友達に嗅いでもらいましたが「何も臭わないよ・・・」と言われました。

まだ、使って日が浅いので使用した実感はありませんが、実際に使っている人に聞いてみたら・・・

  • 目元のシワ、たるみにハリを感じた
  • 肌がモチモチとしてつややかになった
  • 化粧の乗りがぜんぜん違う
  • ニキビができやすかったが、これを使ってからニキビが減った
  • 化粧品店の店員さんから「何使ってるの?肌がすごく綺麗」と褒められた。

という評判でした。

 

でも、中には「あんまり合わないかも?」って人もいました。天然成分のジャムウですから、合わない人もいるかも知れませんね。


[contentblock id=1]