ジャムウとは、ちょっと外れてしまうのですが、今日は石鹸のお話をしたいと思います。

石鹸とは、なんでしょうか?

ウィキペディアで調べると「動物や植物の脂(油脂)をアルカリで煮て作られる界面活性剤の一種」とありました。

界面活性剤とは、普通では混ざり合わない水と脂を混ぜ合わせる働きがある物質で、これにより油汚れが水に溶けこみ、汚れを流しとることができるということです。

 

soap-920394_640

 

油脂とアルカリが混ざって石鹸になるのなら、どんな脂でも石鹸になるのでしょうか?

 

答えはイエスです。

 

一昔前も日本で家庭から出る廃油(天ぷら油とか)を使って石鹸をつくろう、という運動がありました。

ただ、混ぜるアルカリ物質が薬事法などの関係で入手しにくく、その動きは下火になったということです。

 

石鹸が出来た頃は、アルカリの代わりに灰を混ぜていたそうです。

また、脂も動物性の脂を使っていたのですが、臭いがするので、植物製の油に変わったり、灰より扱いやすいアルカリ物質が発明されたりして、石鹸はどんどん発達してきたそうです。

石鹸を作るときに使うアルカリ物質ですが、現在は「水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)」と「水酸化カリウム(苛性カリ)」が使われています。

水酸化ナトリウムを使った石鹸は固形石鹸や粉石鹸になり、水酸化カリウムを使った石鹸は液体石鹸になるということです。

 

「脂と苛性ソーダを混ぜれば石鹸になるのか・・・」と、簡単に考えがちですが、せっけん作りは、なかなか奥が深いのです。

脂に苛性ソーダを混ぜると、石鹸成分とグリセリンができます。

このグリセリンは保湿力が大変強く、湿気の高いところにおいておくと、石鹸が汗をかいたように濡れてきたり、場合によっては水分で解けてしまうことがあります。

そのため、日本で一般的に使われている石鹸は、このグリセリンを除去したものなのです。

 

ただし、このグリセリン、保湿力が大変強いので、グリセリンを豊富に含む石鹸は使った後、肌の水分をしっかりキープし、お肌に大変やさしいマイルドな石鹸になるのです。

石鹸を使った後のツッパリ感もなく、お肌がしっとりとしてくるので、このグリセリンが多い石鹸を好んで使う人も沢山いらっしゃいます。

 

こんな石鹸ですが、歴史が長いだけあり、いろいろな作り方があります。

ここでは、代表的な4つの作り方を解説します。

  • 釜炊き方
    油脂にアルカリを加え、加熱・攪拌をして石鹸を作る方法です。
    石鹸ができるまでにおよそ5日間かかります。グリセリンを含んだ石鹸ができますが、反応を促進するために行う加熱により劣化した油脂や反応しなかった余剰アルカリ成分が残っている場合があります。
  • 釜炊き塩析法
    油脂にアルカリを加え加熱攪拌して反応させます。反応が終わったら、塩を加えて残ったアルカリ成分やグリセリン、不純物を取り除きます。石鹸ができるまでにおよそ10日間かかります。
    純度の高い良質な石鹸ができますが、グリセリンはほとんど取り除かれてしまいます。
  • 中和法
    油脂を予め脂肪酸とグリセリンに分解し、グリセリンを取り除いた後、脂肪酸にアルカリを反応させて石鹸を作ります。
    予めグリセリンを取り除いているので、制作効率が大変良く、およそ5時間程度で石鹸が完成します。現在一般的に販売されている石鹸のほとんどが、この方法で作られていますが、グリセリンは全く含まれていません。
  • コールド製法
    油脂に、反応に必要な量より少なめのアルカリを溶かした水溶液を加え攪拌し、石鹸の型に流しこみ、反応をさせ、固化した後、型から取り出し、4~6週間熟成させて石鹸を作ります。
    石鹸の製作時間は1~2ヶ月と大変時間がかかりますが、グリセリンが豊富に含まれた肌にやさしい石鹸ができます。また、一切加熱処理をしないので、油の劣化もないという特徴がありますが、その分、油の品質が石鹸の品質に影響するので、新鮮で質のよい油の使用が求められます。

 

バリ島で売られている「自然派石鹸」「ナチュラル石鹸」「手作り石鹸」と呼ばれる石鹸のほとんどは、コールド製法によって作られています。

また、石鹸に使われるオイルも「ココナッツオイル」「パームオイル」「オリーブオイル」「ピーナッツオイル」「コットンシードオイル」と、ほとんどが植物性のオイルを使用し、これにお花などから抽出した香りのエッセンスなどを混ぜております。

バリ島の石鹸っていうと、男性はかんけいないや~

なんて、思われるかもしれませんが、男性にもコールド製法の石鹸おすすめなんですよ。

 

特におすすめするのが、髭剃り!

電気髭剃り器ではなく、カミソリでヒゲをそられている方、髭剃りの時、何をつけていますか?

シェービングクリーム?

シェービングジェル?

バリ島では、なかなかそういうものが手に入らないので、石鹸でヒゲを剃っていたんですが、あるときコールド製法の石鹸を使ってびっくりしました。

 

まず、泡立てネット(100均でよく売っているやつですよ)で石鹸を泡立てて、顔に塗ります。

その後、カミソリでヒゲを剃ったら、ヒリヒリ感や、肌の痛みは全くありません。

また、カミソリの滑りもいいみたい。

そして、ひげ剃り後、肌はしっとり!

これはきっと、グリセリンの働きなんでしょうかね?

もし、髭剃りの時、肌がひりひりしたりして、お困りの方がいましたら、ぜひ一度試してみて下さい。

コールド製法の石鹸!忘れないでくださいね。


[contentblock id=1]