こんにちは。「エムズジャムウマーケット」の不思議大好き店長・もんぶぅです。
神々のすむ島バリ島の中部にある伝統と不思議の村ウブドに住んでいます。
これから、ウブド生活で見たり聞いたりしたちょっと不思議なお話やインドネシアの秘薬ジャムウのお話をしていきたいと思います。

さて、記念すべきブログ第一段のネタは・・・ジャムウです。

もんぶぅが店長を務めるネットショップ「エムズジャムウマーケット」は、その名の通りジャムウを専門に扱うお店です。

でも、ジャムウって聞いたことありますか?ジャムじゃあないですよ。(爆)

ジャムウは、簡単に言うとインドネシアに古く方伝わる自然の薬草などを原料にした伝統的治療薬。

古くからって、一体いつから???

むか~し、むか~し、インドからジャワを通ってヒンドゥー教がバリ島に伝わりました。その時、一緒にインドの予防医学アーユルベーダも一緒に伝わったのですが、そのアーユルベーダの中の薬学がジャムウの始まりなんです。
もちろん、むか~しの事ですから、現代のような薬ではなく、薬草やハーブなどを原料にしたお薬。そのインドのお薬レシピをバリ島で手に入る薬草やハーブに置き換えていきジャムウができたのです。

つまり、古代から使われ続けている、ハーブなどの自然の材料で作られた漢方薬がジャムウなんです。

そして、このジャムウの製法、レシピはバリアンと呼ばれる呪術医師の元一子相伝で伝えられてきたので謎が多く、今でも「不思議なハーブ」と呼ばれているのです。

さて、このジャムウ、今でも使われているのでしょうか?

バリ島のあるインドネシアは、まだまだ医療体制が十分ではありません。また、日本のような健康保険もないので、病気になったら一大事。ですので、ちょっと体の不調を感じたら病院にはいかず、民間療法で早めに直してしまいます。その時活躍するのがこのジャムウなんです。

毎朝、ペットボトルに自家製のジャムウドリンクを入れて売り歩いているジャムウ・ゲドンと呼ばれるジャムウ売りのおばちゃんや、ナイトマーケットにでるジャムウの屋台などで手軽に入手でき、体調不良の時、疲れている時、また健康維持のため、多くの方にのまれています。

そんなジャムウですが「え!こんな効果もあるの???」なんて、びっくりするものもあります。

まずは、マッチョになるジャムウ・・・う~ん、なんとなくわかります。
そして、バストアップジャムウ・・・ほし~いって方も多いんじゃないかと思います。
やせるジャムウ・・・メタボ系の店長もんぶぅ、ちょっと試してみたいと思っています。

こんな不思議なジャムウを扱っている「エムズジャムウマーケット」ですが、このショップ、男性向けのジャムウの専門店なんですよ。

男性向け・・・?どんなジャムウですか?

はい、ずばり精力系なんです。
「最近、疲れているのか夜の生活がだめなんだよ~」とか
「若い頃は、もっと元気だったんだけどな~」
なんてお悩みをお持ちの方、多いと思います。

でも「ED治療の薬って、なんか怖い」とか、「そういう薬って体への負担があるんじゃないかなぁ?」なんて不安もありますよね。
そんな方に、ぜひジャムウを試してもらいたいんです。

なんて言っても、原料は自然の薬草、ハーブですから、体に優しいんじゃないでしょうか。
そして、古代インドから脈々と伝わる歴史!
なんか、話を聞いているだけで元気になってきちゃったんじゃないですか?

こんなジャムウ、「お、面白そう!」とか、「う~ん、興味あるぞ」って思ったら、ちょっと「エムズジャムウマーケット」覗いてください。
ホームページはこちら
http://www.jamumarket.com/
見るだけでも、楽しいと思いますよ~