「奇跡の木」や「生命の木」とも呼ばれるマルンガイ・モリンガ(モリンガ・オレイフェラ)

 

日本では「ワサビの木」とも呼ばれ、石鹸やお茶、オイルなどに利用される最近大注目の植物です。

このモリンガにも、精力剤としての効能があると言われているそうです。

 

leaves-1309433_640

 

モリンガの精力剤としての効能を語る前に、まだ日本ではそれほど有名ではないモリンガについて説明いたしましょう。

モリンガとは、正式名称がモリンガ・オレイフェラ(Moringa Oleifera Lamarck)と呼ばれる。

 

北インド原産のワサビノキ科モリンガ属の植物で、アフリカ・インド・フィリピンなど熱帯から亜熱帯地域に自生しています。

 

大変生育が早い植物で、種を植えて1年目で結実し、2年目には10mの高さまで育つそうです。

モリンガの葉、花、樹皮などにワサビに似た香味があり、根が西洋わさびの代用として用いられることから「ワサビの木」と言われているんでしょうね。

 

モリンガが「奇跡の木」とか「薬箱の木」「生命の木」と呼ばれている理由は?

ひとつの植物でありながら、高い栄養価と多くの栄養素を持ち、種が安価で間伐地帯でも急成長する生命力の強さが挙げられます。

このモリンガのもつ高い栄養価は次のとおりです。

  • オレンジの7倍のビタミンC
  • 人参の4倍のビタミンA
  • 牛乳の4倍のカルシウム
  • 赤ワインの8倍のポリフェノール
  • 牛乳の2倍のタンパク質
  • ほうれん草の3倍の鉄分
  • バナナの3倍のカリウム

モリンガは多くの栄養素を含み、その主要な栄養素の効果は次のとおりです。

  • ポリフェノール:強力な抗酸化作用
  • アルギニン:動脈硬化を防ぎ、活性酸素を取り除く
  • ヒスチジン:神経機能の補助、ストレスの軽減
  • イソロイシン:生長促進、筋肉強化、血管拡張、エネルギー補給
  • ロイシン:肝機能の向上、筋肉強化
  • リジン:体組織の回復、成長・代謝促進
  • メチオニン:血中ヒスタミン濃度の低下、うつ症改善
  • フェニールアラニン:鎮痛作用、抗うつ作用
  • トレオニン:肝脂肪の防止、生長促進
  • トリプトファン:神経伝達物質セロトニンの生成、精神安定
  • バリン:生長促進、筋肉強化

このモリンガの高い栄養価と多くの栄養素により期待される効能として

  1. モリンガの葉に含まれる抗酸化作用
    (免疫力アップや生活習慣病の改善)
  2. デトックス作用
    (肌のシミ予防、シワの改善、ニキビ予防)
  3. 抗アレルギーの活性作用
    (アレルギー体質の改善)
  4. 血中糖度の低減作用
    (糖尿病予防)
  5. 神経系統への作用
    (安眠効果)

この高い栄養価と豊富な栄養素を持ち、素晴らしい効能が期待されるモリンガは、世界各国で重宝がられています。

アフリカなど栄養事情がまだ悪い地域では、モリンガの高栄養価と、間伐地域でも早く育成するということから、栄養補助に用いられています。

モリンガの葉を粉にして粉ミルクと混ぜることにより、豊富な栄養を乳幼児に与えることができ、モリンガは「森のミルク」とも呼ばれています。

 

アメリカなどの先進国では、モリンガの葉を利用した栄養食品や種や実から取れるオイルを化粧品や医薬品として利用しています。

 

日本では、最近になってこのモリンガの力が注目され、粉末にした葉から栄養補助食品(サプリメント)が作られたり、生活習慣病予防や高血圧予防など健康のためにモリンガのお茶が飲まれています。

また、抗菌・殺菌作用やシミやニキビへの効果からモリンガの成分が練りこまれた石鹸などが販売されたりしております。

 

バリ島のあるインドネシアでも、このモリンガは「ポホン・ケロール(ケロールの木)」として一般にも知られています。

葉っぱは栄養価の高い食品として、食べられたりしているんですが、よそでは見られない使われ方をしているそうです。

それは、このケロールの木の化石(ラス・ケロール)を指輪にしているそうです。

 

なんでも魔除けの力があるとか・・・

 

さて、最初にお話しした「モリンガの精力剤としての効果」ですが、まだ科学的にモリンガが精力剤として有効かどうかは立証されていません。

しかし、モリンガの持つ高い栄養価や抗酸化作用などは、精力剤としても大変有効化と思われます。

 

事実、モリンガが昔から自生しているフィリピンのセブ島では、村の男達が子作りのためモリンガの実や種を食べるという風習があります。

また、モリンガの花から精力剤が作られているという話も聞きます。

 

モリンガといえば日本では、石鹸や栄養補助食品としての効果しか注目を浴びていませんが、精力剤としての実力もしっかりあるのだと予感させます。

精力剤としての実力は、まだ未知数なところが多いモリンガですが、これから大注目なハーブの一つと言えるかもしれませんね。

モリンガについてはこちらも>>ワサビの木モリンガで生活習慣病予防


[contentblock id=1]