男性向けジャムウショップ・エムズジャムウマーケットの不思議大好き店長です。
暑かった日本の夏も一段落して、涼しくなってきたそうですね。
南半球のバリ島は今は冬の季節。涼しくて気持ちのいい日が続いていましたが、少しずつ暑さが戻ってきたような感じです。

夏から秋、あるいは乾季から雨季といった季節の変わり目、どうしても体調不良になりがちです。

「風邪気味かなぁ?」「のどの調子がおかしいぞ?」

こんな時、バリ島の方がよく飲まれるジャムウをご紹介します。
ジャムウは、自然の植物、ハーブなどからできている、いわば漢方薬。医療体制がまだ充分でないバリ島、インドネシアで頼りになる家庭医療なんです。

さて、風邪のひき始めによく飲まれるジャムウがこちら!
トラックアンギン
トラック・アンギン(Tolak Angin)です。

小さな袋に入った液体のジャムウで、ぬるま湯で薄めて飲みます。直接飲んじゃうつわものもいます。
成分は生姜や朝鮮人参、ハーブなどで、ミント系のすーっとした味です。また、飲みやすいようにはちみつが混ぜてあるので、甘くておいしいですよ。

飲むとまず、喉にすーっとした感覚が広がり、ちょっとしたのどの痛みは、消えてしまいます。そして、生姜の効果でしょうか、体がぽかぽかとしてきますので、布団をかぶって寝てしまいましょう。びっくりするくらいの汗が出て、気がつくと体が軽くなり、風邪の症状が消えてしまいます。

このトラック・アンギンですが、他にもシリーズが出ています。

タブレット状のトラックアンギン
飲みやすい、タブレット状のトラックアンギン。
タブレットですから、飲んだ時のすーっとした感覚はないですね。

トラックアンギン・キャンディ
トラックアンギンののど飴。
はちみつとミントの味で、喉がすーっとします。咳が出る時にいいですね。

トラックアンギン・フル
珍しい、青いトラックアンギン。
「トラックアンギン・フル」と書いてあります。フル(Flu)とは、インフルエンザのこと。インフルエンザ用トラックアンギンでしょうか?
でも、風邪の事を「フル」って言うこともありますけど・・・

トラックアンギンなどジャムウはあくまでも漢方薬。ひき始めとか、体調不良のように、本格的に風邪にかかる前に直してしまおうというものですから、本格的に風邪をひいたら、ちゃんとお医者さんに行ってくださいね~。

ちょっとした病気ならジャムウとマッサージで直してしまう不思議大好き店長のお店「エムズジャムウマーケット
ぜひ一度、覗いてみてください。
媚薬系・精力剤系ジャムウのショップ