ハーブと言いますと、料理の風味付けに使ったり、薬効を健康維持に活用したりと、色々な事に使われていることは、みなさん知っていますよね。

もちろん精力剤ジャムウにも、たくさんのハーブが使われています。

 

herbs

 

ハーブと呼ばれる植物は生合成の過程で、植物化学成分(フィトケミカルズ)と言われるさまざまな化学成分が合成されます。

 

化学成分の中には、アルカロイド、フラボノイド、タンニン、ミネラル、ビタミン、苦味質などがあり、これらが精力剤ハーブの有効成分となっています。

ハーブに含まれる化学成分は、血流を促したり男性ホルモンに働きかける成分がありますので、精力剤には欠かせないものとなっているのですね。

 

ここで精力剤として利用されているハーブをいくつかあげてみましょう!

・朝鮮ニンジン ・ヨヒンべ
・ムイラプアマ ・トンカットアリ
・トリビュラス ・サンシュユ
・ノコギリヤシ ・ユーリコマ
・生姜・・・

代表的なハーブをあげてみましたが、このほかにも沢山のハーブが使われています。

 

これらハーブの薬効は、先ほども説明しましたが、血流の促進、男性ホルモンへの作用、男性機能に係る神経系などにアプローチして改善の手助けをしてくれます。

もちろん医薬品とは違い、自然から採取できるものから作られていますので、体への負担が少ないことを考えると安心できますよね。

 

ハーブには、精力剤として利用されること以外にも多くの使い方があり、ハーブを使用したアロマテラピーなども、体や精神をリラックスさせる効果がありますので、ぜひ男性機能で悩みのある方は色々試してみることを、お勧めしたいと思います。

 

ハーブについてはこちらも>>ハーブ


 

[contentblock id=1]