ノニ(Noni)とは、和名でニヤエヤマアオキというインドネシア原産のアカネ科の植物。

学名をMorinda Citrifoliaと言います。

 

高さ8~10mに達する常緑小高木で、太平洋諸島、オーストラリア、インドネシア、台湾、沖縄、小笠原諸島などでよく見られます。

ノニは、広範囲で自生している植物なので、地区によりいろいろな呼び名があります。

 

 

noni

 

もともと、ニニという呼び方はハワイでの呼び名でしたが、日本の健康食品業者がこの名前を使ってPRしたため、現在日本では「ノニ」という名前が一般的になっています。

 

インドネシアでは、昔からノニの果実をフルーツや野菜のように食用としてきました。

また、樹皮や根を染料に使い、インドネシアの伝統的染物であるバティックの染料としても使われてきたそうです。

 

一部エリアでは、大きなノニの葉を食用にするところもありますが、一般的にはあまり葉っぱは食べないようです。

 

このノニの実は、各種栄養素が豊富で、ハーブの女王とか、ハーブフルーツとも呼ばれています。

ノニに含まれるビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素の種類は南国のフルーツの中ではダントツに豊富だそうです。

その豊富な栄養素から、健康食品として知名度が高いのですが、まだ効能についての研究はそれほど進んでいないようです。

 

ネットなどを見ますと、ノニの効用として糖尿病、高血圧、免疫力強化、心臓病、ガン予防などに効果があるという記述も見受けられます。

ただ、医学的にそのような効果は確認されていないということです。

 

それでも、栄養価は高く、また食物繊維も豊富なフルーツですので、便秘の解消やデトックス効果による美肌効果があるといった情報も見受けられます。

病気の治療や予防というより、その栄養素の高さから、健康維持といった目的で取られた方がいいかと思います。

 

ノニの果実ですが、そのまま食べると独特のエグミや匂いがあって、慣れないと食べづらいそうです。

そのため、オレンジや蜂蜜などを加えたジュースにしたり、粉末状のサプリメントにして摂取することが多いようです。

 

栄養素が多く、体にも良いと思われているノニですが、実はカリウムも多く含んでいるので注意が必要です。

といっても、健康な方が適度な量を摂取する分には、まったく問題がありません。

 

しかし、肝臓や腎臓の障害がある方がノニを摂取すると、高カリウム血症になることがあるそうですので、そのような障害を持つ方は、必ずお医者様の指示に従ってください。

また、健康な方でも、一日にノニジュースを何リッターも摂取し続けると、カリウムにより肝機能や腎機能の障害が発生した例もあるそうです。

 

このように、健康的な生活を望まれる方にはもうおなじみのノニですが、実はED・勃起不全対策にも効果があるということ、ご存知でしたか?

そのノニの詳しい話はこちらをご覧くださ>>エムズジャムウマーケット・ハーブの女王ノニでED・勃起不全対策

[contentblock id=1]