レスベラトロールで血流改善

レスベラトロールとは、ポリフェノールの一種。

赤ワインや落花生の渋皮などに多く含まれています。

 

ポリフェノールとは、植物内に生成される有機化合物の一種で、ほとんどの植物内に存在し、その種類は5,000種以上と言われています。

光合成によって合成され、色素や苦味の成分であり、植物の細胞の生成や活性化を助ける働きがあるそうです。

 

redwine

このポリフェノールの一種、レスベラトロールは、ブドウの果皮や落花生の渋皮などに多く含まれています。

植物内においてはファイトアレキシン(抗菌の働きをする物質)として機能していて、抗酸化作用があるポリフェノールとして知られています。

同時に、血管拡張反応を改善し、動脈硬化や血流の増加を促す物質としても研究が進められているそうです。

 

このレスベラトロールの働きの一つとして、体内の一酸化窒素(NO)を増やす働きがあります。

 

このNOが血管内に流れ込むと、血液内に環状グアノシン-リン酸(cGMP)が発生します。

cGMPは、血管の平滑筋を弛緩する作用がありますので、血管の筋肉がゆるんで拡張させます。

血管が拡張することにより血流が良くなり、血圧が低下したり、脳や各臓器への血液流入が促進されます。

また、cGMPが発生すると同時にcGMPを分解する5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という物質も発生します。

 

このPDE-5はcGMPの働きを抑える物質で、この物質により拡張した血管は元に戻ろうとします。

つまり、レスベラトロールにより血管内にNOが発生し、それにより血管の拡張と収縮が行われます。

血管の拡張と収縮が繰り返されると、血管の柔軟性が回復していくことで動脈硬化の予防にもなります。

 

以上のことから、レスベラトロールを摂取することにより、血流の改善と動脈硬化の予防ができ、心臓病など生活習慣病の改善・予防にも役立つということです。

また、血流の改善により脳に送られる血液量が増え、アルツハイマー病などの認知症の改善になるのではないかと言う研究も進められているそうです。

 

このレスベラトロールは、ブドウの果皮や落花生の渋皮に多いのですが、どちらもあまり食べないものです。

 

そこで、よく言われるのが赤ワインの効能です。

赤ワインは、ブドウの実と皮を使った果実酒ですので、皮に含まれるレスベラトロールも多く含まれているそうです。

そのため、赤ワインを日常的に楽しまれるフランス人は心臓病の発症が少ないとも言われています。

ただし、フランス人の心臓病の発症が少ない理由は別にあるという説もあり、正確なところは分かっていないようです。

 

こちらもご一読ください>>レスベラトロールでED・勃起不全対策


[contentblock id=1]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ