ジヒドロテストステロンというホルモンの名前を聞いたことがありますでしょうか?

店長オカダ
エムズジャムウマーケット(@jamumarket)店長の岡田です。

 

このホルモンは、男性ホルモンの一種テストステロンが、還元酵素5αリダクテーゼ(5-AR)により代謝(変化)したものです。

実は、このDHTは、前立腺肥大や男性型脱毛症(AGA)の原因で悪玉ホルモンと言われています。

さらに、精力減退もこのDHTが原因という説もあるのですが、本当にDHTは悪玉なんでしょうか?

 

テストステロンはDHTに代謝するのか?

 

まず、なぜテストステロンはDHTに代謝するのでしょうか?

テストステロンなどのホルモンは、筋肉や内臓、骨、脳など人体のいろいろな部位の成長や変化に作用します。

ホルモンそのものが成長の原材料になるという事ではなく、成長・変化をさせるための起爆剤・スイッチのような働きをします。

 

ところが、テストステロンは筋肉の成長させるためのスイッチとしては大変優秀なんですが、その他の部位を成長させるスイッチとしては、ちょっと効率が悪いのです。

そのため、5-ARという酵素が作用してDHTに変化させることにより、筋肉以外の部位を成長させるスイッチとなるのです。

 

DHTは、テストステロンを使いやすいように変化させたもので、DHTそのものに人体にとって毒となるものはないのです。

しかし、人によっては、5-ARの働きが活発な人がいて、必要以上にテストステロンをDHTに代謝させてしまう事があるのです。

 

しかも、5-ARが頭皮や前立腺に多く存在して、この働きが活発だと、男性型脱毛症や前立腺肥大と言った問題を起こしてしまうのです。

頭皮に、5-ARが沢山ある場合、テストステロンがDHTに代謝し、皮脂腺という皮脂(あぶら)を分泌する器官を活性化させます。すると必要以上に皮脂が出てしまい、毛穴をふさいでしまいます。
そうなると、髪の毛が生えてこなくなります。

 

さらに、毛乳頭といって、髪の毛を生み出す器官にも作用すると、なぜか髪の毛が充分に育たないうちに抜けてしまうのです。

 

DHTは前立腺や陰茎など男性器の成形などに関係

もともと5-ARは前立腺の周囲に多く存在しているんです。

これが活発になり過ぎるとDHTが沢山できてしまいます。

そうなると、前立腺に働きかけ、前立腺が必要以上に大きくなろうとします。
これが前立腺肥大です。

このように、AGAや前立腺肥大は、直接的にはDHTが沢山あることが原因なんですが、本当の黒幕、親玉は5-ARなのです。

この5-ARが活発に働きすぎるのが問題で、AGAや前立腺肥大の治療に5-ARの働きを阻害する薬が使われ、一定の成果を上げているそうです。

そして、5-ARが必要以上に活発に働くのは、遺伝子の問題だそうです。そのため、AGAは遺伝するとも、言われているのです。

 

さて、AGAや前立腺肥大の黒幕である5-ARですが、黒幕なら消してしまった方がいいんじゃないか?なんて思われるかもしれませんが、実は5-ARも役に立つことがあるのです。

先にも述べましたが、筋肉以外の部位の成長にはテストステロンではなく、5-ARにより代謝されたDHTです。

つまり、5-ARが無ければ、筋肉以外の部位の成長はできないってことです。

 

特に重要なのが、男性器の成長に5-ARは大切なのです。

お母さんが妊娠して、6週から24週目にかけて、子宮内ではテストステロンが大量に分泌されます。

そのテストステロンにより、妊娠中の母体に変化が出てきたり、胎児の成長を促進させるんですが、胎児が男の子の場合、5-ARによりテストステロンがDHTに代謝し、それにより男性外性器(ペニス)や前立腺ができていくのです。

 

実は、胎児というのは妊娠初期において男も女も同じ状態にあります。

性器は女の子、つまり割れ目の状態にあり、精巣も卵巣のように体内にあるのです。

これが、DHTにより成長スイッチが入り、体内にある精巣が陰嚢部に降りてきたり、股間の割れ目が成長し、尿道を包み込みながらペニスになっていくのです。

 

で、5-ARが充分に働かない、あるいは不足していると、この睾丸やペニスがしっかりと作れなくなるのです。

つまり、染色体や内性器は男の子だが、外性器(ペニス)や前立腺が成長していない性分化疾患(外見と実際の性別が違うあるいは、判断しにくい疾患の総称)となってしまうのです。

 

事実、ドミニカ共和国のある特定地域では昔から5-ARが先天的に不足している男性が多く、性分化疾患の児童が沢山生まれてきているそうです。

また、陰茎の尿道口の位置が正しい位置にない尿道下裂という疾患もこの5-ARとDHTが関係しているそうです。

 

このように、AGAや前立腺肥大の原因と言われるDHTや5-ARですが、人体にとって大変重要なホルモン、酵素であることは間違いありませんので、一概に悪玉と決めつけるのは、どうかなと思います。

そして、このDHTと精力増強の関係は・・・・

 

こちらのサイトで解説しております

精力増強との関係~ジヒドロテストステロンDHTの副作用

 

—–>8— チョキチョキ —>8—

今月のクーポン番号のお知らせいたします。

ぜひぜひご活用下さ~い!

エムズジャムウマーケット限定『5%引き』クーポン

今月の番号は・・・6261

※有効期間: ~2019年12月12日8時までのご注文のみ

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を5%引きとさせていただきます。

割引クーポンの使い方はこちら

–>8— チョキチョキ —>8—