男性は加齢に伴い身体の異変や病気など、様々なリスクが襲いかかってきます。

その中の一つで、男性更年期障害などの言葉も多く聞かれるようになってきましたよね。

 

更年期障害と言いますと、女性特有のものだと思われてきました。

ここ最近は、男性にも広く知られるようになってきました。

 

男性更年期障害の場合、男性ホルモンの分泌量が影響して起こる症状です。

精力低下、男性機能障害(ED)などにもなってしまうとされています。

 

573dbc5464f8eab22ea3ba6a18ec15ab_s

 

中には、更年期障害の症状が幾つになっても出ない人もいるようですし、 働き盛りの40歳前後でなってしまう事もあるようですから、気を付けなくてはいけません。

 

このような事から、いつ更年期障害に襲われるかがハッキリしないところが心配なのです・・・

女性の更年期障害の特徴として、閉経と言う大きな変化がありますから大体予想がつきます。

男性の場合は、男性ホルモンの分泌量低下が影響しますので、予想できないのが現状です。

また、生活習慣によっても差がありますので、普段から気を付けて行く事を心がけましょう!

 

男性ホルモンについて>>精力減退の原因

男性ホルモンの分泌量は、20歳代~加齢と共に徐々に減少していきます。

その後、40代を境に急激に分泌量が低下すると言われています。

しかし必ずしもそうではなくて、職場の環境、家庭環境、ストレスなどにより、 分泌低下を助長してしまいます。

 

更年期障害を阻止する方法 ・ストレス発散を心がける(運動をする) ・ネガティブな事は考えない ・生活習慣改善(食生活を考える) ・サプリや漢方薬などで栄養補給 ・十分な睡眠 ・飲酒、喫煙などは控えめに!

以上の事を気を付けるだけで、症状を回避できると思います。

あれっ?もしかして更年期障害?と感じた場合は、生活習慣を見直していきましょう!

 

男性更年期障害についてはこちらも>>更年期障害と精力低下  


[contentblock id=1]