仕事や勉強、やらなきゃいけないのに、やる気が出ない・・・

こんなことって、よくありますよね。

 

やる気・・・・心の問題、気持の問題と思われがちですが、じつは科学的にある程度解析されているそうです。

「やる気」は、脳内ホルモンの分泌と密接な関係があるそうです。

脳内ホルモンとは、脳内の情報伝達物質のことで、特に「ドーパミン」「ノルアドレナリン」「セロトニン」の3大伝達物質がやる気と関係しています。

 

motivation

 

ドーパミンは快感を司る物質と言われ、ノルアドレナリンは行動力や注意力を活性化させるそうです。

セトロニンは逆に行動を抑制(制御)する働きがあります。

つまり、ドーパミンやノルアドレナリンが活発に分泌され、セトロニンが抑えられている状態が、人間が一番やる気を起こしている、アグレッシブな状態であるそうです。

脳内ホルモンを活性化させることが、やる気を起こさせることなのだそうです。

 

では、どうやって、脳内ホルモンを活性化させるか?

 

それは「行動」だそうです。

 

やる気がない時、何でもいいから、体を動かす・・・足踏みでも、ジャンプでも、膝の曲げ伸ばしでも、何でもいいそうです。

体を動かすことによって、脳内ホルモンが活性化され、そのことにより、さらに体を動かしたくなり、ますます脳内ホルモンが活性化される。

プラスのスパイラルに入ったら、やる気がぐんぐんとわいてくるのです。

 

ちょっと、考えてください。

スポーツをやる前に準備運動ってしませんか?

準備運動は、体の関節や筋肉をほぐしたりするだけでなく、脳内ホルモンを活性化させ、アグレッシブにする効果もあるんですね。

さらに、仕事の前や学校で授業の前に、ラジオ体操、していませんか?

これも、健康のためだけでなく、やる気を起こさせるためもあったんですね。

でも、準備体操や、ラジオ体操をする時間や場所がないよ・・・ってかた!

ポージングをするだけでも、効果はあるんです。

 

実際、海外の研究者によると、力強いポージングをするだけで、体内のテストステロン量が上がるそうです。

テストステロンもやる気を起こさせるホルモンでもあるのです。

お相撲さんが取り組みの前に、顔をたたいたり、太ももをたたいて気合いを入れますよね。

あれも、脳内ホルモンの活性化に役立っているそうです。

 

さらに、レスラーがコールされた時、力強いポーズをとりますね。

それだけでも、脳内ホルモンやテストステロンが上がってきます。

正義のヒーローの変身ポーズや決めポーズも意味があるんですね。

 

さあ、どうもやる気が起きない、って時、まずは椅子から立ち上がり、力強いポーズをとってみませんか?

ちょっとやる気がわいてきたら、次は体を動かしてみましょう。

ますます、やる気があがってきますよ~

あわせて読みたい記事はこちら>>脳内ホルモンの活性化でやる気アップ!

 


[contentblock id=1]