更年期障害というと、女性特有の病気と思われている方がまだいらっしゃるかと思いますが、男性にも更年期障害の危険性があることは、なかば常識となりつつあります。

 

更年期障害の原因は、ホルモンバランスの崩れと言われています。

000047

 

女性なら、卵黄ホルモン(エストロゲン)の分泌量の減少、男性なら男性ホルモン(主にテストステロン)の減少がこの原因です。

テストステロンの分泌は、第二次性徴期から顕著になり、20代が分泌のピークで、そこから年齢とともに徐々に分泌は減少していきます。

平均的な数値ですが、20代の男性で1ccの血液中にテストステロンは30~43.5pg(ピコグラム・1pgは1兆分の1グラム)含まれており、これが50代になると16pg程度と1/2から1/3程度になります。

もともと、更年期とは「生殖期から生殖困難期への移行期間」のことで、どんな人でも年齢を重ねることによりホルモン分泌は減少し、生殖能力も衰えていきます。

しかし、このホルモン分泌の減少が急激に発生すると、体がそれについていけず更年期障害となるのです。






通常なら、徐々に減少していくテストステロンの分泌が急に減少する原因としては、社会生活のストレスや食生活、運動不足、喫煙、飲酒などの生活習慣、そして環境ホルモンと言われています。

特に、ストレスによる変化は顕著で、社会的責によるストレスが大きくなる40代の男性に更年期障害が起きやすいとも言われています。






さて、この更年期障害の病状ですが、「精力減退」「記憶力の低下」「視力低下」「全身の倦怠感」といのが主なものです。

ほかにも「体や顔のほてり」「疲れやすい、疲れが取れにくい」「動悸・息切れ」「不眠」「不安」などの症状が現れます。






男性の更年期障害で特に問題になるのは「不安」や「いらいら」そして「不眠」など精神的な問題です。

このような更年期障害によるちょっとした精神の不安定が引き金となり「うつ」症状になる男性が多いと聞きます。

特に、真面目で責任感や競争心が強い男性は、ちょっとした精神的不安定から障害につながるケースが多いので注意してください。






更年期障害の原因は何度も述べているように、男性ホルモン分泌量の急激な低下です。

ホルモン分泌量が急激に低下すると、同時に精力減退も引き起こされます。

女性に対する興味が急になくなった。

これまで普通にしていた朝立ちが急にしなくなった。

射精時の精液の量が急に減少した。

このような現象が起こったら、男性ホルモンの激減による更年期障害も疑った方が良いかもしれません。






この男性更年期障害の治療、予防方法ですが、男性ホルモンを増やすことが一般的な対策です。

男性ホルモンを増加させる方法として

「食生活や運動、生活習慣を改善し男性ホルモンの分泌を増加させる」というのが、理想的な方法かと思いますが、日ごろの生活の中では、なかなかできないことです。

そのため、サプリメントや医薬品で不足する男性ホルモンを補充するという方法をとるのも、よいかと思われます。

男性には関係ない。

あっても、それほど深刻ではない。

と考えがちな更年期障害ですが、特に中年世代の男性には深刻な疾患の一つでもあります。

軽く考えずに、慎重な対応を考えていきましょう。