オキシトシン(Oxytocin)というのは9つのアミノ酸からできたホルモンの一種で、神経分泌細胞で合成され、脳直下にある下垂体後葉から分泌されます。

このホルモンは、かなり昔から知られており、特に女性の出産と授乳に深くかかわっているホルモンです。

 

zyunyuu

 

このホルモンの働きの一つに、平滑筋を収縮させるというものがあります。

この働きにより、出産時に子宮を収縮させて胎児を子宮から押し出したり、乳繊維を収縮させて乳汁を分泌させるという作用があります。

そのため、古くから陣痛促進剤などに利用されており、女性特有の働きをするホルモンと認知されていました。

しかし、最近の研究で男性にもこのホルモンに分泌があり、また愛情ホルモンとしての作用もある事がわかってきました。

愛情ホルモンとは、どういう事でしょうか?

このホルモンが分泌されると中枢神経での神経伝達物質として作用し、安心感や信頼感が生まれるそうです。

つまり、親子や兄弟などの家族の絆が強まるそうです。

また、夫婦や恋人のつながり、信頼が深まるので、愛情ホルモンと言われています。

さらに、脳内ストレスも緩和する癒し効果もあり、他人とのコミュニケーションが不得手な自閉症患者への治療薬としても期待されているそうです。

このようなホルモンですが、店長としては「恋人や夫婦のSEXにも良い効果があるのではないか?」と考えました。

まず、このホルモンが分泌されることにより、安心感、信頼感が生まれます。

ということは、SEX時において女性が抱く相手への不信感や拒否感がぐっと薄くなるのではないでしょうか。

つまり、相手を受け入れやすくなる、具体的に言うと、濡れやすくなり、エクスタシーに達しやすくなると思います。

さらに、脳内のストレス、緊張感を緩和し平常心に持っていく働きもあります。

これは、男性の悩み、ED・勃起不全や早漏にも役立つのではないかと考えました。

ED・勃起不全、早漏の原因の一つに、緊張やストレスがあります。

緊張、ストレスにより、うまく勃起しない、途中で元気がなくなる、またはいつもより早く射精してしまう、というケースがあります。

愛情ホルモン・オキシトシンの力によって、このストレスが軽減されたら、このような悩みの解決に役立つのではないか?と店長は期待します。

さて、このオキシトシン、どうやったらたくさん分泌できるのでしょうか?

文献によりますと、ハグや体への接触などスキンシップをたくさん取ることにより、オキシトシンの分泌は増えるそうです。

たしかに、パートナーと抱き合う事により、ほんわかした気持ち、癒される気持ちが出てきますよね。

やはり、SEXにおいて、まず最初にしなくてはいけない事は、手を握る、肩や腰を抱くなどのスキンシップなんですね。

スキンシップによりオキシトシンが発生し、相手が自分に対し安心感や信頼感を持ち、そのあとの愛撫によりいつも以上に感じやすくなるんでしょう。

パートナーとの関係が今一つうまくいかないと感じている方、ぜひスキンシップをしっかり取って、愛情ホルモン全開で行ってみましょう!

オキシトシンの詳しいお話は>>エムズジャムウマーケット・愛情ホルモン「オキシトシン」で幸せに?