先日、インドネシア人の友人から、こんな事を尋ねられました。

「インドネシア語の『サヤン(Sayang)』って、日本語ではなんていうの?」

「う~んと、『ハニー』とか『ダーリン』かな?」

「え~、それって、英語じゃないですか?日本語には、そんな言葉無いのですか?」

う~ん、確かに日本語にはないですね・・・・好きな人を呼ぶ言葉・・・

ちょっとネットで調べてみたら

「いとしい人」・・・なんかの歌で聞いたような言葉ですね~

「おまえさま」・・・いまどき、こんなこと言う人はいないですね~

「愛人」・・・・これは、ちょっと違うか~

「恋人の事を何と呼ぶか?」というキーワードでググってみたら

「名前で呼ぶ」「愛称で呼ぶ」という回答が多かったです。

確かに、恋人同士などは、名前、特に下の名前で呼んだり、二人だけに通じる愛称で呼んでいますね。

中には、人に聞かれたら恥ずかしいようなニックネームで呼び合う事もありますよね。

でも、これって恋人になってからの話で、恋人になる前は、愛称や下の名前で呼ぶことはないですね。

でも、「サヤン」や「ハニー」ってのは、男が女性を口説くときにも使うし、赤ちゃんを呼ぶときにも使います。

ニュアンス的には「私のかわいい○○」って感じなんですが、このように使う日本語って、ないですよね~

日本以外の国には結構ありますよね。

バリ島は「サヤン」

アメリカやオーストラリアでは「ハニー」「スイート」「シュガー」なんて言いますね。

情熱の国イタリアでは「アモーレ」ですって

でも、やっぱりそれに相当する日本語って、思いつかないですね。

やはり、日本人はシャイで礼儀正しいから、そのような言葉はないんでしょうか?

日本人は、やはり愛情表現が苦手なんですね。

心に思っている、愛情を伝えるのがうまくないのでしょう。

まぁ、それが奥ゆかしい日本人の美徳でもあるんですが・・・

やっぱり、パートナーを愛しているのなら、しっかりと口に出すことも大切だと思います。