GWも過ぎ、季節は夏に近づいてきました。

もう、真夏日を記録した地区もあるそうで、今年の夏も暑くなりそうですね。

気温が上がり、薄着になってくるとどうしても気になるのが汗のにおいや体臭。

最近では、体臭や口臭などで周囲の人に不快感を与えることをスメルハラスメントと言うそうです。

 

sweat

 

スメルハラスメントは職場だけではなく、満員電車の車内やエレベーターの中など密閉された空間なら、どこでも発生する危険性があります。

そして、体臭などは当人は気が付きにくいもの。知らず知らずのうちに、スメルハラスメントの当事者になってしまうことがあります。

さらに、周りが気がついても、なかなか当人に忠告できないのも、スメルハラスメントの厄介なところ。

早めに、気がついて対策をしなくては、知らないうちに周りから敬遠されてしまうかもしれませんね。



このスメルハラスメントとなるには、大きく分けて汗のにおいや加齢臭などの「体臭」と口のにおい「口臭」そして香水や柔軟剤などの匂いがあります。

香水や柔軟剤の香りは、付け過ぎに注意すればいいと思いますが、体臭と口臭はなかなか対策が難しいですね。

食生活の改善や、シャワー、制汗剤など、いろいろな対策がありますが、今回は意外と思える対策をご紹介いたします。




まず、体臭に関してですが、運動の習慣が体臭をおさえる方法になります。

運動をすると、汗をかくので、余計汗臭くなるんじゃないかと思いますが、実は日常的にスポーツなどで汗をかいている人は意外と汗の匂いは少なくなるそうです。

 

人間がかく汗にはエクリン汗とアポクリン汗という2種類の汗があります。

エクリン汗は体全体からかく汗で、その成分のほとんどが水。

サラサラとした汗で、においはありません。

 

対して、アポクリン汗と言うのは脇や陰部周辺からかく汗で、水分の他に、脂肪分やアンモニアなどが含まれていて、若干匂いがあります。

また、アポクリン汗はかいた後、皮膚表面にいる常在菌によって分解され、その際独特のにおいが発生します。

 

この匂いがワキガや加齢臭などの原因になります。

日常的に運動をするひとは、エクリン汗を分泌する汗腺が活発化していて、そうでない人に比べエクリン汗をかきやすくなります。

つまり、サラサラ汗をよくかくということですね。

そういう理由で、よく運動する人の方が体臭が少ないということだそうです。



ただし、注意してほしいのが、サラサラの汗なら、汗臭くならないのか?というと、そうではないのです。

サラサラのエクリン汗でも、微量ですがタンパク質などを含んでおり、また汗により皮膚表面の角質がはがれ、それらが常在菌に分解され異臭を放つことがあります。

ですので、汗をかいたらすぐにふき取る、と言うことが必要です。

エクリン汗はサラサラですので、油分の多い、べたべたしたアポクリン汗とは違いタオルで簡単にふき取ることができます。

運動の習慣と、汗をかいたらすぐにふき取る癖をつけることが、汗臭さや体臭を防止するポイントなのです。




次に口臭を防ぐ方法ですが、口臭を防止するために、消臭効果のあるキャンディーやスプレーなどを使われている方も多いと思いますが、それよりガムを噛むのが一番いい方法だそうです。

口臭の原因ですが、胃腸など消化器系の疾患から来る口臭は別として、ほとんどの原因が口内の雑菌によるものだそうです。

口のなかに残った食べカスや舌の表面に付いた垢、そして歯垢などを口内にいる雑菌が分解するとき、異臭を発生するそうです。

つまり、口内環境を常に清潔に保つことができれば、口臭は減ってくるのです。

そのためには、歯磨きや洗浄液によるうがい等の対策もあるんですが、唾液を出すことが殺菌に良い方法です。

唾液には、強力な殺菌力があり、口内に十分な唾液があれば、雑菌などを殺菌してくれるそうです。



口臭が強い人の中には、唾液の分泌量が少なくて、口内の殺菌が十分に行われていなということが多いと言われています。

唾液の分泌量を増やすには、どうしたらよいか・・・

それが、ガムを噛むことなんです。

噛むという行為を繰り返せば繰り返すほど、唾液はよく出てくるそうです。

通常の食事も、しっかり噛んで食べれば、唾液がたっぷり出て、口内環境もよくなるそうです。




今回は、汗臭さと口臭について対策法をご紹介しましたが、スメルハラスメントの原因は他にもいろいろあります。

自分が放つ匂いに十分注意して、今年の夏はスメルハラスメントと言われないように注意しましょう。

こちらも>>スメルハラスメント、においの暴力に気を付けて!