金冷法で精力増強

精力増強として、古来から行われてきた方法に「金冷法」と言うものがあります。

金冷法は、古代ローマが起源と言われる方法で、精力増強に効果があった、という報告も聞きますが、あまり意味がないと言った話も聞きます。

このページでは、金冷法とは何か、本当に精力増強の効果はあるのか?と言った事を検討してみたいと思います。

金冷法とは?

金冷法とは、男性の精力の源である睾丸に冷水と温水を交互に掛けたり、同時にマッサージを行い、睾丸の血行を良くして、精子製造能力を活性化しようという、精力増強法です。

具体的な方法は、シャワーなどでぬるま湯と冷水を1分おきに交互に掛け、同時に睾丸を優しくマッサージします。

即効的な効果は出ないそうですが、長期間行う事により、精力増強、あるいは精力維持ができた、と言う方もいます。

金冷法が精力増強に良いと言われる理由

睾丸にある精子を作る細胞は熱に弱いという研究結果があります。

精巣の働きが最も活発になるのは、31度~33度と、言われており、睾丸を包む陰嚢が股間にぶら下がっているのは、体温により温度が上がる事を防いでいるためだそうです。

また、陰嚢はエンジンのラジエターのような役割をし、睾丸周囲の温度ががると陰嚢の表皮が伸びて放熱をし精巣の温度が上がる事を防ぎ、また温度が下がると陰嚢の表皮が縮み、精巣温度が下がる事を防ぎます。

このようにして、常に精巣が適温である31~33度になるように調整しています。

金冷法によって睾丸の温度を下げると、精巣の働きが活発になり、精力が増強される。

また、温度差のある水を掛けることにより、代謝が活性化され、睾丸の血行が良くなり、さらに陰茎海綿体への血流も良くなるので、勃起不全改善にも役に立つ

と、言うのが「金冷法」が精力増強に役立つという理由です。

本当に金冷法は効果があるのか?

しかし、金冷法の効果に疑問を持っている文献などもあります。

たしかに、精巣が最も活発に活動するのは31~33度なので、睾丸を冷却するのは、精子製造能力の活性化には役立つかもしれない。

しかし、暖める事は、全くの無意味でかえって、精巣の温度が上がってしまいマイナス効果になる。と、言うのが金冷法に否定的な意見です。

また、睾丸を冷やすことによって活性化するのは精子製造だけであり、睾丸のもう一つの重要な役割、男性ホルモンの分泌には役立たない、という意見もあります。

では、どんな方法がよいのか

金冷法に否定的な意見もありますが、それら文献でも睾丸周囲の温度を上げるのは宜しくない、という意見で一致しています。

つまり、睾丸は高温になると精子製造能力が低下し、精子の質、量の低下が認められるそうです。

そこで、一番効果的と思われるのは、睾丸周囲をあまり高温にしないという事です。

そのために、下着はピッチリとしたブリーフよりゆったりとして風通しが良いトランクスの方が良いでしょう。

また、就寝時には下半身には何も付けない「ノーパン睡眠」も、良いかもしれません。

精子製造、ホルモン分泌に重要な睾丸、常に気を使いもっとも働ける環境を作る事が精力増強のポイントですね。

精力増強について、ご紹介しております
精力増強について考えよう
ジャムウで精力増強・滋養強壮を!
精力増強系ジャムウで疲れた体に喝!
マイルドだけど、しっかり精力増強
鹿角パワー配合の精力剤系ジャムウ・タンドゥクルサ
ハードにガツンと「来る~っ!」
勃起系最強と言われる精力増強系ジャムウ・パエ

  • このページをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

精力増強系ジャムウ一覧

タンドゥクルサ

タンドゥクルサ

パエ

パエ

スーパーライアン

スーパーライアン